月別アーカイブ: 2012年10月

ストレスがひどい

仕事がうまくいかない。がんばっているのに成果がでない。評価されない。人間関係で悩んでいる。からだがだるくて、なんとなく気分が重くだるい。
自分では気がつかないうちに、ストレスがたまっていることは意外と多いものです。しかし、こうしたストレスは、誰もが形は違っても同じように抱えているものです。
こんなときは、こころとからだの両方の疲れを回復させてあげることポイントです。

ストレスの原因になっていると思われることから少し離れて、お風呂の中でリラックスしてみてはいかがでしょうか。
気持ちを落ちっかせる作用のある精油をぬるめのお湯に入れ、じつくりと半身浴をしてみましょう。
半身浴でゆっくり芯から温まる方法とメリットはこちらが参考になります。

このときに、鼻から息を吸ってゆっくり口から吐く腹式呼吸を繰り返し、香りを肺の中に吸い込みます。より気持ちが落ちつくでしょう。
また、ストレスは肩こりになって現れることも。入浴したあとや仕事の合間に軽く肩をまわしたり、耳のつけ根から肩にかけてマッサージをするだけでも気分転換とストレス解消になります。

ストレスがひどい場合のおすすめの精油は?

入浴(半身浴)

精油は、口- マンカモミール1滴+ラベンダー2滴です。
38~40度くらいのぬるめのお湯に精油を落として、みぞおちから下までつかります。ゆっくりと時間をかけて温まります。上半身が寒いようであれば、タオルなどをかけておくといいでしょう。そして、全身の力をぬいて、目を閉じ、香りを深く吸い込んでみます。余計なことは考えないようにストレス発散に努めます。

マッサージ

精油は、メリツサ2滴+ラベンダー4滴+ホホバオイル30mlです。
ストレスにより緊張しがちな首から肩をほぐします。両手にマッサージオイルをのばし、耳のつけ根あたりから肩全体にかけて、血行を促すように上下にもみ、さすりながらマッサージします。入浴中や入浴後に行えば、さらに効果的です。

ハーブティー

ビタミンCが豊富なローズヒップスのハーブを使用します。温めたポットにハープを入れ、熱湯を注ぎます。ふたをして、3 ~5分程度蒸らしてからカップに注いで飲みます。ローズヒップスにはビタミンC が豊富に含まれているので、ストレスがたまってイライラしている状態には最適です。

気分が沈んで落ち込む

恋人や夫婦の間でケンカをしてしまったり仕事で大きな失敗してしまったなど、どんよりと気分が落ち込んでいるときには、気持ちを明るく前向きになる工夫をしてみましょう。「子供だまし」と思われるかもしれませんが、何かワクワクするようなことを想像したり、自分の好きなことに目を向けるといった、前向きな気分転換が必要です。
気持ちを高揚させるような効果のあるローズマリーやベルガモットなどの精油をブレンドしたインセンスを焚いて、ゆらゆらと昇る煙を見ながら香りを楽しむのもおすすめです。
自信や積極性を与えてくれる精油を使って入浴するのも効果的です。さらに、勝利のシンボルである月桂樹の葉を浮かべると、元気を与えてくれる効果も倍増します。
また、精神のバランスを整える効果のあるハーブ入りのサシュを作り、身につけておくと、ほのかな香りが気分転換に役立つでしょう。

こんなときにおすすめの精油は

芳香浴

インセンス、 口- ズマリー、ベルガモット、イランイラン、ジャスミンのいずれかを選ぷ。インセンスは火をつけると瞬間的に香りがたつので、即効性があります。自分で作るのもおすすめです。サシェはガーゼの中にハープを入れて作り、バッグの中にしのばせて、ときどき香りをかいでみましょう。

手浴

ジャスミン・ベルガモット各1滴好みで月桂樹の菓を加えます。
洗面器に40~42度くらいのやや熟めのお湯を入れ、精油を落とし、好みで月桂樹の葉を浮かべます。お湯が冷めるまでの約15分程度、両手首の上までつけておきます。お湯の中で手をもみほぐすと、より効果的です。

マッサージ

イランイラン3滴+ ラベンダー2滴+ ローズマリー1満+ ホホバオイル30mlを使います。マッサージオイルを手にとり、手のひらで、手の甲全体を軽く押しなでるようにマッサージします。親指で指のつけ根から指先までらせんを措いたあとで、手のひら全体を親指でもみほぐします。

気持ちが落ち着かずに「イライラ」する

何でもない、つまらないことで怒ったり、イライラしてしまい、ちょっとヒステリー気味なとき。他人にあたるなどして、自分自身もいやな思いをすることがあります。
そんなときは、ほんの少しの時間でもいいので、目を閉じて、ゆっくり深く息を吸って吐く。これを数回繰り返すだけでも、気持ちが落ちついてくるものです。カッカしている最中にこうした行動は難しい面がありますが「あえて」行う心がけが大切です。

オイルウオーマーなどを使って、部屋の中で香りを焚いて深呼吸をすると、過敏になっている神経を解きほぐす手助けをしてくれます。使う精油は、怒りや不安を鎮めるイランイランやラベンダー、ストレスを緩和する効果のあるローマンカモミールやローズなど、洛ちついた気分にしてくれるものがおすすめです。
また、入浴後にみぞおち部分をマッサージするのもおすすめです。呼吸を整えて行うと、心身共にリラックスできます。

おすすめの精油はこれ!

芳香浴

オイルウォーマーイランイラン2 滴+ ローマンカモミール1 滴。もしくは、口- ズ1滴+ラベンダー2滴を使用します。お湯か水を入れたオイルウオーマ一に精油を落とし、香りが広がってきたら、大きく深呼吸をしてみましょう。ゆっくりと呼吸をすることで、気持ちが落ちついてくるでしょう。あるいは、アロマライトやアロマキャンドルを利用して、淡い光の中でリラックスしながら、精油の香りを楽しむのもおすすめです。

入浴

ラベンダー3滴+口-マンカモミール2滴を38 度くらいのぬるめのお湯に、精神を安定させる効果のある2種類の精油を落とします。よくかき混ぜたあと、みぞおちから下までをつける半身浴でゆっくりと温まります。

マッサージ

フランキンセンス3 滴+ スイートアーモンドオイル30mlを使い、 神経を落ちつかせるため、みぞおちのまわりを手のひらでなでるようにします。マッサージオイルを手にとり、ゆっくりと左まわりに10回程度マッサージします。

ハーブティーを飲む

ハープ) ジャーマンカモミール、メリッサ、ラベンダーを使用します。ハープは単品でもブレンドして飲んでもいいでしょう。こころが安らぐやさしい香りのハーブティーを利用して、イライラした気持ちを落ちつかせるといいでしょう。