ベルガモットの特徴と作用、注意点

ベルガモットは、ほかの柑橘類より、はるかに甘い香りがします。そして、軽くてデリケートでフレッシュ。レモンやオレンジにはない温かみがあって、ややフローラルなトーンが特徴です。フローラルの香りが好みの人は、気に入る香りです。
名前は、初めてこの木が栽培されたイタリアの小都市であるベルガモに由来しています。
ベルガモットの木は樹高は2 ~3 メートルになり、精油を取る果実は洋なし型で、表面にはブツブツとしたへこみがあります。精油はおもに化粧水やマッサージオイルに多用され、アールグレイティーの風味づけに使われることでも有名です。

心への作用は、鎮静と高揚の作用があり、なんとなくやる気が起きないときや、うつ状態になっているときなどにおすすめです。

体への作用は、泌尿器管系に効果的な殺菌、消毒の働きがあるので、膀胱炎に対して有効です。

肌への作用は、消毒と治癒作用があるので、脂性肌や、ストレスによる湿疹やにきびなどにおすすめです。また、やけどや乾燥しやすい肌にも効果がります。

注意点は、長い時間、多量を肌に使うことは避けてください。敏感肌には刺激が強すぎるので、入浴する場合も少量からはじめます。また、使った直後に直射日光に当たってはいけません。
ベルガモットの精油一覧はこちら。

ベルガモットの特徴と作用、注意点」への3件のフィードバック

  1. ピンバック: 頭皮のふけ、かゆみ | アロマテラピーの効能・効果

  2. ピンバック: アロマの基本 | 香り効果

  3. ピンバック: 香りのヘアケア | 香り効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です