イランイランの特徴と作用、注意点


熱帯の花の香りは感情の高ぶりを鎮めて幸せな気持ちをもたらす「イランイラン」は、甘く重いエキゾチックな花の香りが特徴です。原料となるイランイランノキは熱帯の樹木の一種で、黄色、ピンク、藤色の花を咲かせます。木からぶらさがって咲く花の美しさをたたえてマレー語の〝アランイラン″(花々の中の花) からその名がついたそうです。とくに黄色の花から最初に抽出される精油が品質に優れ、苦から香料の木としても有名で、精油はココナツオイルと混ぜて整髪料に使われてきました。オリエンタルな花の香りは催淫作用があるとされ、インドネシアでは新婚カップルのベッドにイランイランの花びらを撒く風習もあるそうです。
作用は、心には精神的ショックを鎮め、喜びの感情を呼び戻します。ストレスを感じるときや不安、怒り、恐怖などの激しい感情におそわれたときに利用すると、ゆっくりとこころをときほぐす作用があります。
体への作用は、興奮しているときなどの速い心拍を正常に戻すのに有効で、上昇した血圧を低下させます。また、ホルモンのバランスを整え、生殖に関する機能に働くほか、殺菌、消毒作用もあります。
肌への作用は、皮脂の分泌を調節することから、乾燥肌にも脂性肌の両タイプに利用できます。髪の成長も促し、ツヤやコシを与えます。
注意点は、過度の使用で吐き気や頭痛を起こすことがあります。敏感肌や妊娠初期の使用は避けます。
イランイランの精油一覧はこちら。