ラベンダーの特徴と作用、注意点

ラテン語で洗うという意味の「ラワーレ」から名づけられたラベンダーは、アロマテラピーで最も広く利用される万能精油のひとつです。初心者は、知識がない初心者が「心地よい」と感じやすい香りが特徴です。ウッディーな基調のフローラル系で軽い甘さがすがすがしく、幅広く愛される香りです。ラベンダーは初夏に紫色をした小さな花を咲かせ、花や菓は、昔から虫よけや消毒用として使われてきた定番でした。
ローマの人々は浴槽に入れて沐浴し、傷を洗うのに利用した歴史もあります。
蒸留水であるラベンダーウオーターは、イギリスのエリザベス朝時代には、肌のバランスを整える化粧水や香水としてたくさんの女性に愛用されていました。

心への作用は、中枢神経のバランスをとる働きがあります。ストレスからくる緊張をほぐし、怒りをやわらげて疲労を回復させます。

体への作用は、高い血圧を下げ、呼吸を整え、不眠症を改善します。呼吸器系の障害や生理痛などにも効果的です。

肌への作用でやけどに有効だというのは有名な話。新しい細胞の成長を促し、皮脂の分泌のバランスをとる働きがあるので、さまざまな肌の状態に効果を発揮します。

ラベンダーは、眠れない時の緊張をときほぐす定番のアロマです。
眠れないなぁ~と感じた初期の状態で使うと非常に効果が高くリラックス効果を感じやすいアロマです。

生理痛など痛みがあり、眠れない場合は、カモミールがおすすめです。

注意点は、低血圧症の人の中には、ラベンダーオイルを使用したあとに、感覚が少し鈍くなってうっとりと眠くなってしまう人もいます。また、通経剤なので、妊娠初期の数か月間は使用を控えます。

ラベンダーの精油はこちら。