食欲がない

食事がおいしく感じられなかったり、なぜか食欲がわかないという場合は、こころやからだが危険信号を送っています。食欲というのは、健康のバロメーターとして非常に重要なポイントです。
精神的なストレスが原因で食欲がないときは、柑橘系の精油を使った芳香浴が有効です。食事前に香りを拡散させると、食欲を刺激してくれるのでおすすめです。
内臓に原因がある場合は、入浴前に腹部のマッサージを行います。ただし症状によっては医療機関の受診が必須です。

食欲がないときにおすすめの精油は?

芳香浴

オイルウォーマー使用の場合は、スイートオレンジの量は、4滴です。食事の前にオイルウオーマーで柑橘系のさわやかな香りを拡散させてみましょう。食べたいという気持ちを呼び起こしてくれる作用が強く効果的です。

入浴

全身浴の場合は、ペパーミント3滴+レモン2滴を使用します。食前に入浴します。38~40度のぬるめのお湯に、気分をリフレッシュさせて食欲を増進させる効果のある精油を加えてゆっくりとつかります。さらに入浴前に両手かボディブラシでおへそのまわりをマッサージすると、血行がよくなり食欲を促します。このマッサージは、効果があるので是非おすすめです。

ハーブティー

ハーブは ジャーマンカモミール+ペパーミント。または、単品でハイビスカスが効果的です。ジャーマンカモミールとペパーミントには消化を促す作用があります。
また、ハイビスカスの酸っぱさも食欲をわかせます。ほかに消化を促進させるスパイス類を利用するのもおすすめです。

食べ過ぎで胃がだるく不調

現代人は、大半の人が食べ過ぎですが、おいしい食事を目の前にすると、体重は気になっても食べたい欲求はなかなかおさえられません。
ついつい食べ過ぎて苦しくなり、後悔する…というのが定番です 。
こんなトラブルには、消化を促進させてすっきりとさせる働きのある精油やハーブが役立ちます。吐き気をもよおすときはペパーミントの香りで芳香浴を。胃が張って苦しいときは軽いマッサージやハーブティーが効果的です。

おすすめの精油は?

芳香浴

ハンカチにしみこませて使う場合は、ペパーミント1~2滴を使用します。胃のむかつきや吐き気がするなど気分が悪いときは、ハンカチやティッシュペーパーにペパーミントの精油を1~2滴落として香りをかぐと楽になります。横になれれば横になり、ゆっくりとM胃を休めてあげましょう。気分も回復します。

マッサージ

ラベンダー3滴+ローズマリー3滴+ホホバオイル30mlを使用します。マッサージオイルを作り、おへそを中心に右まわりにやさしくさすります。第三者にマッサージをしてもらうときは、背中もさすってもらうといいでしょう。

ハーブティー

ペパーミントまたはジャーマンカモミールを飲みます。食べ過ぎ、飲み過ぎたときは、消化を促進させるペパーミントやジャーマンカモミールのハーブティーを飲みます。少し冷ましてもおいしく飲めます。

夏ばて

高温多湿の日本の夏は、人の食欲をなくし、ときには睡眠不足に悩まされ、からだのリズムを狂わせがちです。最近は冷房のきいた部屋で過ごすことが原因で、体調のくずれを訴える人も多いようです。過度な冷えは自律神経までを狂わせてしまうので崩れた体調をもとに戻すのに時間がかかってしまうケースも増えています。
夏パテには休養をとることがなによりですが、現実はそうもしていられません。精油とハープの力を利用して気分をリフレッシュさせ、ぐつすりと眠って心身に活力を補いましょう。

おすすめの精油は?

芳香浴

オイルウォーマー使用の場合は、ペパーミント4滴+ジェニパーベリー2滴を使用します。リフレッシュ効果のあるペパーミントと、からだの機能を活発にするジェニパーベリーの香りを拡散させます。ストレスを緩和してやる気がでます。

入浴

半身浴ではラベンダー3滴+ネロリ2滴を使用します。就寝前にぬるめのお湯に精油を入れて半身浴でゆっくりとつかります。このとき頭と顔のマッサージを行うと、気怠さがとれるでしょう。頭皮がかたくなっているケースがほとんんどです。
頭のマッサージは親指を除く4本の指のはらで、額から後頭部に向かって頭皮をもむように指を動かすと効果的です。

ハーブティー

ハーブは、ハイビスカス+口-ズヒップスがおすすめです。ハイビスカスは、からだをシャキッとさせて食欲を増進させる効果のあるハーブです。それだけでは、酸っぱいので、ビタミンCが豊富なローズヒップスを2~3粒ブレンドして、濃いめのお茶を飲みます。

花粉症

春先になると花粉情報がテレビから流れるほどポピュラーになった花粉症。目のかゆみや充血、鼻水や鼻づまり、くしゃみなど症状はさまざまですが、その不快感はいうまでもなく、ストレスもたまります。
花粉症患者数は急増しており、スギ花粉症だけで1500万人以上、日本の花粉症総人口は2000万人以上、5人に1人は花粉症ともいわれ、今後も増加することが予想されています。

精油はアレルギーに対する抵抗力を補い、ストレスを解消して気持ちを穏やかに鎮めるのに効果的です。外出先ではすっきりとする香りの精油をハンカチに1滴落として吸入すると、鼻づまりやのどのいがらっぽさがやわらぎます。部屋の空気を浄化して心地よい気分を保つならアロマライトでの芳香浴を。火を使わないので安心して眠れ、朝の目覚めを爽快にします。

おすすめの精油は?

芳香浴

アロマライトを使用する場合には、ユーカリ+ペパーミント各3滴を使用します。
ハンカチに精油をしみこませて使う場合は、ユーカリまたはペパーミントを1~2滴使用します。
アロマライトで、鼻水や鼻づまりに効果のある精油の香りを部屋に拡散させます。外出中に鼻がムズムズしてきたらハンカチに精油を落として香りをかぎます。症状の回復に役立つ精油を携帯していれば、どこででもすぐに不快感を緩和できます。

入浴

全身浴は、ユーカリ4~5滴を使用します。38~40度のぬるめのお湯に精油を入れて、ゆっくりと入浴します。ユーカリの香りが鼻水や鼻づまりを緩和。ストレスも解消し、花粉症に対する抵抗力も高めます。

ハーブティ

ハーブは、 エルダーフラワー、ヒソップ、ペパーミントがおすすめです。ハープは単品でもブレンドしていいでしょう。インフルエンザの特効薬ともいわれるエルダーフラワーはアレルギーを緩和させる働きをもちます。継続して飲んで抵抗力をつけるようにします。

花粉症をサプリで改善したい場合はこちら

せき、喉の痛みや風邪のうよな症状

せきや喉の痛みは、風邪の初期症状としては非常に多いものになります。そんな風邪の予防をするのに、うがいはとても有効です。外から帰ったら、必ずうがいをする習慣をつけることでかなり風邪の予防にもなります。
のどが痛いな、と感じたらマロウやタイムのハーブティー(浸出液)でうがいをします。殺菌と消毒作用のある精油は風邪対策にとても効果的です。
これを使って芳香浴をすれば、空気を浄化して、相手に感染するのも防ぎます。外出中にせきが止まらないときや、オフィスなどでせきがどうしてもつらいときなどは、ハンカチに精油を1 滴落として香りをかぐだけでとても楽になります。
また、マッサージオイルを手に取り、胸部を軽くさすると呼吸がしやすくなるでしょう。香りの蒸気を吸い込むフェイシャルスチームは、せきを鎮めて鼻の通りをよくします。精油には免疫力を高める力もあるので、予防するだけでなく感染した場合もこじらせないですむでしょう。

おすすめの精油は?

芳香浴

ハンカチにラベンダー、ユーカリのいずれかを1滴垂らします。オイルウォーマー、アロマライトを使用する場合には、ユーカリ3~5滴を使用します。
外出先ではハンカチやティッシュペーパーなどに精油をl滴落として香りをかぎます。部屋の中でオイルウォーマーやアロマライトを使えば、鼻やのどの不快感をやわらげるだけでなく、空気を清浄して感染を防ぎます。

入浴

全身浴の場合は、ユーカリ3滴+ラベンダー2滴を使用します。風邪のひきはじめには、入浴をすすめないケースもありますが、基本亭には40~43度の熟めのお湯に精油を加えてサッと温まります。血行と発汗を促して治りを早めます。湯冷めしないように温かくして早めに就寝するのが早く治すポイントです。部屋の温度も温かくしておきます。

マッサージ

ローズマリー3滴+ ラベンダー2滴+ペパーミント1滴+ホホバオイル30mlを使用します。
手のひらでマッサージオイルを温めてから、片手で胸部を円を措くようにして軽くさすります。精油は胸部に働きかけて呼吸を楽にすると同時に、香りを鼻から吸入することで鼻づまりやのどの痛みを緩和してくれます。

フェイシャルスチーム

口-ズマリー2 滴+ユーカリ1滴を使用します。洗面器にお湯を入れ、精油を落とします。蒸気が逃げないようにバスタオルを頭からかぶり、顔を湯面に近づけます。口を閉じて5~10分蒸気を当てます。ときどき口を半開きにして呼吸すると、香り成分が口や鼻から吸収されて症状をやわらげます。

ハーブティー

(ハープ) マロウまたはタイムがおすすめです。呼吸器系の疾患に効果のあるマロウやタイムのハープでハーブティー(浸出液) を作ります。これを冷ましてうがいをします。また、ミントティーを秋から毎日飲む習慣をつけると、風邪をひくにくくなります。

冷え性

足が冷たくて眠れなかったり、腰が冷えてだるかったり、夏なのに手足が異常に冷たかったりと冷え性は女性特有の症状で、年齢に関係なく悩みをかかえている人が多いものです。
また、冷えの症状は、強いストレスを感じやすく不快であることも特徴です。

冷えは、生理不順を引き起こす要因にもなりますから、注意が必要です。冷え性のほとんどはからだの末しょうの血流が悪いことが原因です。日頃から手足を動かして血行をよくするように心掛けます。手足の先をよくもみほぐすようにマッサージをしたり、入浴で血行を促すと効果的です。バスタイムは、シャワーですまさずに湯船に浸かることがポイントです。

また、入浴よりも簡単にできる手浴や足浴も充分効果があります。使用する精油やキャリアオイルは血行を促してからだを温める働きがあるものを選びます。小麦胚芽油はビタミンE が豊富で末梢の血液循環を促す効果があります。ただし粘性が高いため、ほかのキャリアオイルとブレンドして使用します。

おすすめの精油は?

入浴

半身浴の場合は、スイートオレンジ2滴+シナモン1滴を使用します。手浴、足浴の場合には、(ハーブ) ジャーマンカモミール5 ~10gを使用します。
低温長時間の入浴で、からだを芯まで温めて、血行を促しましょう。38~40度のぬるめのお湯に精油を落とし、香りを楽しみながらゆっくりと温まります。時間がないときや入浴できないときなどは、手軽にできる手浴や足浴を。洗面器にハープを入れて熱湯を注ぎ、5~10分手足を浸します。
水を控えめに加えて少し熟めに調節したお湯に5~10 分手や足をつけます。寝る前に行うとからだ全体がポカポカして快眠できます。

マッサージ

ラベンダー2滴+ローズマリー2滴+ネロリ1滴+小麦胚芽5ml+マカデミアナッツオイル25mlを使用します。
手のひらにマッサージオイルを取り、少し温めます。手や足の指先を中心に、やや力を入れてゆっくりともみほぐすように指を1本1本を丁寧にマッサージします。マッサージは手のひらや足の裏、膝下まで行うとより効果的です。くるぶしの6cmほど上の血液循環を促すツボを指圧してもいいでしょう

便秘

おなかが張って苦しかったり、便意はあるのに出ないなど、女性に多い悩みが便秘です。3人に1人が便秘に関する悩みを抱えています。
なかには1週間~10日もお通じがないというケースもあります。原因は運動不足、偏食、ストレス、旅行といった環境の変化などが考えられます。
また、毎日お通じはあるのだけれど、「いまひとつスッキリしない」などの場合も便秘になります。
便秘の解消にいちばん効果的なのはハーブティーです。なかでも、血液を浄化するローズのお茶を毎食後飲んでいると、便通をスムーズにしてくれます。また、朝食後に常温のミネラルウォーターをコップ2~3杯ほど飲むのも効果的です。精油に頼りすぎることなく、まずは規則正しい食生活や適度な運動を心掛けたうえで、マッサージをして大腸の働きを助けたり、入浴でストレスをやわらげてあげましょう。忙しいからといって、トイレをがまんしないことも大切です。せっかく便意があるのを我慢してしまうと腸のぜん動運動がストップしてしまいます。

おすすめの精油は?

入浴

全身浴は、フェンネル1滴+ローズマリー1 滴+レモングラス2滴を使用します。38~40度のぬるめのお湯に、胃腸の働きを促す精油を加えてゆったりとつかります。心身共にリラクスします。入浴は、その日の疲れを取り去り、リラックスさせて緊張感をやわらげます。ストレスをなくすこともとても大切な解消法のひとつです。

温湿布

ローズ1滴を使用します。洗面器に熱湯を入れ、精精油を落とします。そこにタオルを浸してきつく絞ります。これを下腹部へ当てます。おなかが冷えないように、タオルが冷めてきたら、もう一度、熱いタオルを作ります。

マッサージ

ローズマリー2滴+マージョラム1滴+ブラックペッパー l滴+ホホバオイル30mlを使用します。
手のひらでマッサージオイルを温めてから、両手でおへそのまわりを時計まわりにやさしくさすります。精油は消化器系の働きを活発にさせるタイプを選び、就寝前か朝起きたときにマッサージを行うのがおすすめです。腸を刺激してお通じを促してくれます。

ハーブティー

毎食後、ローズティーを飲みます。温めたポットに1杯分のハープを入れてから熱湯を注ぎます。ふたをして3~5分間蒸らし、茶こしを使ってカップに注ぎます。ローズティーは、利尿効果の高いウ一口ン茶やプーアール茶とブレンドするのもおすすめです。

足がだるくむくみがある

筋肉痛により足がだるいこともよくある症状ですが、立ち仕事や、外を歩きまわった日などはとくに足に疲れがたまります。また、夏のエアコンなどでも足が冷えてだるくなることもあります。
さらにヒールのある靴やきつい靴をはいていると、圧迫感から足がむくんだり、ひどくなると頭痛や吐き気を覚えるなど、からだ全体に悪い影響を与えかねません。足
のむくみや疲労感は血液の循環が滞って起こります。対処法としては、まず靴を脱いで足を楽にすることが先決。
また、日頃から入浴後にマッサージをする習慣をつけておくといいでしょう。足の裏や足の指先、指と指の間、ふくらはぎをもみほぐし、足全体をリンパ液の流れる方向ヘマッサージします。足浴も血行を促進させるのに最適で、サイプレスの精油を加えれば、デオドラント効果も期待できます。ほてって痛みがあるときは冷湿布を。痛みを鎮めるラベンダーや筋肉の疲労を緩和するローズマリーの精油を加えます。

おすすめの精油は?

  • サイプレス…むくみを取り発汗をおさえる
  • ジュニパーペリー…老廃物を排出し筋肉を刺激してほぐす
  • ペパーミント…ほてりや炎症を鎮める
  • ラベンダー…筋肉の痛みを鎮めて心身をリラックスさせる
  • ローズマリー…血行を改善し、筋肉疲労を和らげる

入浴

足浴は、サイプレス+ペパーミント各1滴を使用します。ハーブの場合は、ペパーミント3g+セージ2gを使用、全身浴の場合は、ジュニパーペリー2滴+口- ズマリー3滴を使用します。
全身浴は、精油を加えた38~40 度のぬるめのお湯にゆっくりとつかり、血行を促します。足浴は、まず洗面器にお湯を入れ、水を加えて適温にします。
精油を加えて5~10分くるぶしの上まで足を浸します。ハープを使う場合は、洗面器にハープを入れて熱湯を注ぎ、5~10分浸出させてから適温に調節します。

マッサージ

サイプレス3滴+ラベンダー2 滴+ローズマリー1 満+スイートアーモンドオイル30mlを使用します。
マッサージオイルを手のひらに取り、片足ずつ足全体にマッサージオイルを塗布します。次に両手をそろえて、太もものつけ根から足の甲まで滑らせ、そのまま足の後ろ側を包むようにして戻します。さらに人差し指の側面を使ってふくらはぎをしごくように下から上へ強擦します。なるべく膝をのばした状態で行います。

筋肉痛

普段あまり動かないのに急に体を使ったり、休みの日にはりきってスポーツしたり、引っ越し作業など体を使うと、翌日は筋肉痛でツライことがよくあります。
また、同じ姿勢をずっと続けていることで、血行が悪くなって筋肉が緊張し、痛みを伴うこともあります。筋肉痛といっても、こりがひどくなったようなものや、けいれんや炎症など、症状はいろいろですが、どの場合でもいちばん有効なのは湿布です。

運動したあとのお手入れには、筋肉のほてりをおさえるための冷たい湿布を。運動する前にはウォーミングアップ用として、筋肉を温めて柔軟にする温湿布を。それぞれの効果を上げる精油を加えたうえで使用するのがおすすめです。
軽い打ち身やねんざにはマージョラムやラベンダーなど、筋肉のけいれんや炎症を鎮める精油をブレンドします。そして、筋肉痛を予防する意味でも、準備運動と運動後のマッサージを習慣づけます。

おすすめの精油は?

入浴

全身浴の場合は、サイプレス1滴+レモン2滴+ローズマリー1滴を使用します。足浴の場合は、サイプレス+レモン+ローズマリーを各1 満使用します。
筋肉痛になる部位として足が最も多いのですが、足の筋肉痛を早く癒す場合、足浴の反復浴をします。
洗面器に40度前後の気持ちいいと感じる温度のお湯を入れ、精油を落とします。くるぶしの上あたりまでを5~10 分くらいつけ、次に水の中にさっとつけます。血液の循環がよくなり、緊張がほぐれます。全身浴の場合には、40〜42度くらいの熟めのお湯にさっと入ります。

湿布

温湿布の場合には、ラベンダー2滴を使用します。冷湿布の場合には、ユーカリ2滴を使用します。
洗面器に熟めのお湯を入れて精油を落とし、タオルを浸します。スポーツをする前に、筋肉痛になりそうな部分に、5分程度当てておきます。精油を落とした冷たい水に浸したタオルは、運動したあとの筋肉のけいれんや炎症を鎮めるために使います。

マッサージ

ユーカリ3滴+ラベンダー2滴+マージョラム1滴+スイートアーモンドオイル30mlを使用します。
痛みが軽度の場合、マッサージオイルで筋肉のこりをソフトにほぐしていきます。力は加えず、さするようにするのがポイント。精神的に落ちつく香りを足すのもいいでしょう。ただし、炎症や腫れがひどいときはマッサージは避けます。

肩こり

肩こりは、同じ姿勢での作業やOA機器を使ったデスクワーク、精神的ストレスや眼精疲労など、あらゆる原因が考えられます。
近年は、パソコン、携帯、スマホなどの過度な使用による眼精疲労から肩こりの原因になっているケースがあります。
目の疲れやドライアイがひどい場合には、こちらもごらんください。
肩こりは、筋肉に乳酸が蓄積され、血液の循環が悪くなるために起こります。まずは、マッサージやストレッチ運動でこりをほぐすのがスタンダードな解消法です。腕をぐるぐるまわしたり、肩を上げ下げしたり、簡単な運動でも効果があります。また、温かい湿布を首や肩のこっている部分に当てて、筋肉をリラックスさせるのもおすすめです。
利尿作用があり、毒素を排出する働きや血行を促す働きのある精油をプラスすれば、より効果的です。さらに、血行を促す入浴も肩こりの解消には効果がありますから、毎日入浴する習慣をつけます。シャワーですましてしまうのは肩こり解消には不向きです。
入浴できない場合は、手浴や足浴で緊張をほぐすのもいいでしょう。

おすすめの精油は?

入浴

全身浴の場合は、ジュニパーペリー2滴+ ラベンダー3滴です。精油を加えた38~40度くらいの、ややぬるめのお湯にじっくりと時間をかけて入ります。このとき、首の後ろから肩にかけて、こった部分をもみほぐすようにマッサージすると、より早くこりが解消されます。リラックスした状態でマッサージをするのがポイントです。

温湿布

ラベンダー+マージョラム+ 口-ズマリー1各1滴です。こりが慢性化している場合や、早めにこりをとりたい場合は、湿布がおすすめです。洗面器に熱いお湯を入れ、その中に精油を落としてタオルを浸し、絞ったら肩に10〜20分程度当てます。タオルの上からこつている部分を軽くもみほぐします。

マッサージ

ローズマリー3滴+マージョラム1滴+ラベンダー2滴+スイートアーモンドオイル30ml。または、バーチ6滴+ スイートアーモンドオイル30mlを使用します。痛みをやわらげ、リラックスする効果のある精油でマッサージオイルを作ったら、首から肩にかけて、大きく円を描くようにもみほぐしていきます。とくにこりのひどい部分は、少し力を入れて指圧します。相手がいる場合は、ぜひマッサージをしてもらいましょう。