肌の乾燥

乾燥した肌は、油分だけでなく水分も不足しています。かゆみを伴うときは血行が滞っていることも考えられます。入浴やマッサージで血行を促し、精油を使った手作りの化粧品で皮脂のバランスを整えてあげましょう。クリームは入浴後の肌につけるのが効果的。
唇の荒れにはリップクリームを就寝前に小指でやさしくらせんを描きながら塗るようにします。

おすすめの精油

入浴

全身浴の場合は、ラベンダー4~5滴です。38~40度のぬるめのお湯に精油を入れ、ゆっくりとつかって血行を促します。乾燥による肌のかゆみをおさえるためにも血行を促すことが必要。ラベンダーの精油には炎症をおさえてかゆみを防ぐ効果があります。

ローション

イランイラン2滴+マカデミアナッツオイル30mlを使用します。材料をよく混ぜ合わせます。これは保湿効果に優れたローションになります。コットンか手のひらにローションを取り、顔やからだのかさつきが気になる部分に、なでるように塗ります。

クリーム

ボディークリーム、ゼラニウム3滴+キャロットシードオイル5ml+ホホバオイル10ml+ビーワックス3g+ローズウォーター5ml。リップクリーム、ラベンダー、ゼラニウム、サンダルウッド3gを使用します。
唇は、本来精油を使えない部分なので、ごく低濃度で作ります。荒れがひどいときは、クリームを塗ったあとラップで覆って5分ほどパックをするとさらに効果がアップします。

虫さされ、虫よけ

真夏の夜などは暑くて寝苦しいのもありますが、虫に刺されたりするとかゆみを我慢するのはたいへんです。また、女性であれば、刺された跡を残したくありません。
虫刺されの手当てにはラベンダーかティートリーの原液を塗ります。また、手作りのかゆみ止めクリームはペパーミントのスーツとした感触が心地よいでしょう。虫よけ対策には防虫効果のある精油で作ったローションを肌にスプレーしておきます。キャンプなどアウトドアで携帯するととても役立ちます。

おすすめの精油

精油の原液を塗る

ティートリーまたはラベンダーを使用する。どちらかの精油を綿棒の先につけて、虫に刺された部位に塗ります。このふたつの精油は、かゆみや炎症を鎮める効果があり、そのまま希釈しないでつけることが可能です。

ローションスプレー

シトロネラ3滴+ゼラニウム2滴+ウォッカ5ml+精製水45mlを使用。防虫効果のある精油で虫よけのローションを作ります。これを肌にスプレーします。汗で流れたら2~3時間おきにつけ足します。ボディローションとして使い、顔への使用は避けます。

クリーム

ラベンダー2滴+ペパーミント1滴+ホホバオイル15ml+ ピーワックス3gを使用。かゆみ止めクリームを作ります。ピーワックスとホホバオイルを湯煎にかけてよく混ぜて溶かします。溶けたら容器に移してかき混ぜながら冷まします。クリーム状に白くなったら精油を加えてさらに混ぜます。しばらく放置して冷めたら完成。

水虫

治りにくく、やっかいな水虫は抗菌作用の強い精油やハーブで感染源となる菌を除去するkとで解消します。。症状がやわらいでも皮膚の深部では菌が生きているので数週間はお手入れを続けます。ティートリーの原液か、カサカサしている場合は浸透しやすいクリームを爪のまわりまでていねいに塗ります。足浴も効果的ですが、終わったあとはタオルやドライヤーで乾かして指の間に水気を残さないように注意します。

おすすめの精油

  • ティートリー…菌と消毒作用に優れ感染症を防ぐ
  • ラバンジン…強力な殺菌効果をもち菌の繁殖を防ぐ

足浴

ハープでセージ5g+タイム3g+ラベンダー2gを使用します。洗面器にハープを入れて熱湯を注ぎ、5~10分待ちます。水を加えて温度を調節したら、くるぶしまで足を浸します。お湯が冷めない㌦ように差し湯をしながら5~10分続けます。

精油の原液を塗る

原液は、ティートリーを使用します。原液を綿棒の先につけて患部に塗ります。殺菌と消毒作用に優れるティートリーは、傷口やただれ、やけどを緩和したりデオドラント効果があることでも知られています。

クリームを塗る

ティートリー2滴+ラバンジン1滴+ホホバオイル10ml+カレンデュラオイル5ml+ビーワックス3gを使用します。
クリームを作ります。ピーワックスとキャリアオイルを混ぜながら湯煎で溶かし、クリーム容器に移して混ぜながら冷まします。クリーム状に白くなったら精油を加えてさらに混ぜます。これをカサカサしている患部に擦り込みます。

日焼け、軽いやけど

日焼けも軽いやけども、あとのお手入れが肝心です。早めの処置がきれいに治す最大のポイントになります。ヒリヒリとほてりがあるときは、まず流水で冷やして炎症を鎮めます。
軽いやけどならこのあとすぐに精油を塗って空気を遮断すると跡が残りません。日焼けには精油にお酒のウォッカとラベンダーウォーターを加えたローションを、コットンか海綿にたっぶり含ませてパッティング。肌に水分を与えます。日焼けも軽いやけども保湿が重要です。

おすすめの精油

入浴

全身浴の場合には、ラベンダー4~5満を使用します。水とほぼ同じ温度のぬるま湯に精油を入れてよくかき混ぜてから全身をつかります。日焼け後の肌のほてりを鎮めます。

精油の原液を塗る

使う精油はラベンダーです。綿棒にラベンダーの原液をつけて、やけどをした部分に塗ります。また、日焼けのはてりがおさまったあとのお手入れには、ラベンダー6滴とセントジョンズワートオイル10mlを混ぜたものを薄く塗布しても効果は同じです。広範囲に塗布できます。

ローション

ラベンダー2滴+ネロリ1滴+ウォッカ5ml+ラベンダーウォーター25mlを使用します。ビーカーに精油とウォッカを入れてよく混ぜます。これを遮光ビンなどに移し、ラベンダーウォーターを加えてよく振り混ぜます。コットンにこのローションをたっぶりと含ませてやさしくパッティング。冷蔵庫で冷やしておくとより効果的です。

爪を美しく健康的に見せたい

健康的な爪をつくるには、爪母(爪のつけ根部分) の状態がよいことが条件となります。爪のまわりの皮膚が荒れていると美しく見えないばかりか、健康的な爪が生えてきません。また、爪は健康のバロメーターといわれ、からだに支障をきたしているときは爪も不健康になりがちです。まずは手浴で指先をリラックスさせてから、マッサージで血行を促し、保湿効果のあるパックでうるおいを与えます。

おすすめの精油は?

手浴

ハーブのジャーマンカモミール2g+ ローズ3gを使用します。洗面器にハーブを入れ、熱湯を注いで5~10分浸出します。水を足して温度を調節し、手首まで10分ほどつけます。お湯の中でのマッサージも効果的です。

ネイルパック

レモン2滴+マカデミアナッツ下りWindows3ml+小麦胚芽1ml+キャロットシードオイル1ml+ビーワックス30gを使用します。
ピーワックスを湯煎で溶かし、そこにキャリアオイルと精油を加えてよく混ぜ、湯煎をはずして熱がとれるのを待ちます。指先を第一関節くらいまで入れ、指のまわりに少しワックスが固まったら一度出して乾かす、これを2回線り返したら3分待ちます。ワックスをはがします。爪と爪のまわりの皮膚に栄養を与えます。

マッサージ

レモン2滴+ラベンダー1滴+マカデミアナッツ15mlを使用します。マッサージオイルを指先に塗り、親指で指のつけ根から先端までらせんを措きながらマッサージします。とくに、新しい爪が作られる爪のつけ根部分(爪母) をていねいに行うのがポイントです。

にきび、吹き出物などの肌荒れ

にきびやふきでものは過剰に分泌された皮脂に細菌が繁殖してできます。洗顔で肌を清潔に保ち、リラックスして新陳代謝を促すことが大切です。油脂分の多い食事や香辛料を控え、抗菌作用のある精油を利用したり、日頃からハーブティーを飲むのもいいでしょう。
また、最近の人には、「洗いすぎ」による吹き出物誘発症状も多く、気づかないうちに洗いすぎてしまう人も多いようです。

フェイシャルスチームは毛穴に詰まった皮脂を取り除いて、にきびの予防にもなりますが、半身浴でも十分効果があります。

おすすめの精油は?

精油の原液を塗る

ラベンダーまたはティートリーを綿棒の先につけて、にきびやふきでものができている部分に直接塗ります。一度つけて改善が見られないときは使用を中止しましょう。

フェイシャルスチーム

ラベンダー+口- マンカモミール各1滴を使用します。洗面器にお湯を入れて精油
を落とします。バスタオル
をかぶって、顔を湯面に近づけ、日を閉じて5~10分蒸気を当てます。最後に冷水で顔を洗います。お手入れは週1 回程度を目安に。

ローションを付ける

ラベンダー2滴+ホホバオイル5mlを使用します。精油とホホバオイルをよく混ぜ合わせてにきび肌用ローションを作り、コットンに含ませてパッティングしながらつけます。あまり症状がひどいときは使用を控えます。

ハーブティー

ジュニパーペリー+ワイルドストロベリー+ペパーミントを混ぜます。3種類をブレンドしたハープを使います。このお茶は解毒、殺菌効果に優れ、新陳代謝を高める作用があります。日頃から常飲するようにすると効果を維持することができます。

しみ、くすみなどの肌の症状

肌の新陳代謝が低下し、古くなった角質がうまくはがれ落ちないと、しみやくすみが目立ってきます。女性にとっては非常にストレスとなる問題です。
新陳代謝は年齢とともに衰えるので、精油の力を利用して、肌の再生機能を高めます。
ゼラニウムのローションやマッサージで血行を促し、クレンジングパックで老廃物を取り去ります。肌の疲れが解消されて顔色も明るくなってきます。

くすみをとる精油

  • ゼラニウム…血流を改善して顔色を明るくする
  • ネロリ…血行を促して細胞の成長を促進する
  • ローズ……老化した肌に働き細胞を活発化させる/li>

パック

ローズ1滴+セージ(ハープをパウダー状にしたもの)3g+ 口-ズヒップオイル1ml+カオリン10g+ □-ズウオーター20mlを使用します。
乳鉢にカオリン、ローズウオーター、セージを入れてよく練ったらローズヒップオイル、精油の順に加えて混ぜ合わせます。これを目と口のまわりを避けて顔全体に塗り、5~10分乾かしたあと洗い流します。

マッサージ

ローズ1滴+キャロットシードオイル2ml+マカデミアナッツオイル28mlを使用します。
材料を混ぜてマッサージオイルを作ります。指先にオイルを少し取り、4本の指でらせんを措くように顔をマッサージします。

ローション

ゼラニウム2滴+ホホバオイル2ml+精製水98mlを使用。
精製水はこちら
ホホバオイルと精油を混ぜ合わせ、遮光ビンに入れます。そこへ、精製水を加えて振り混ぜます。使う前によく振り、コットンにたっぶりと含ませて顔全体にパッティングしながらつけます。

ハーブティー

口-ズヒップス+ハイビスカ十ローズピンクです。ビタミンCが豊富なハープでブレンドティーを作ります。すっぱさを感じるローズヒップスやハイビスカスも 、 混ぜるとやさしい風味と味になります。

車酔い 時差ぼけ

Suyattoハーブの休息
睡眠不足や疲労などで体調があまりよくないときに乗り物に酔ったり、海外旅行時には時差ぼけに悩まされることもあります。時差ぼけなどの場合、神経質になりすぎることが要因となることもあるのであまり気にしないほうがいいという点を考慮した上での対策になります。
旅行には常備薬と一緒に精油も携帯するとよいでしょう。乗り物酔いには消化機能のバランスを整えるペパーミントの香りが有効です。時差ぽけで眠れないときは、鎮静効果のあるラベンダーがおすすめです。。眠気を払いたいときは、リフレッシュ効果のあるユーカリなどを利用します。

おすすめの精油は?

芳香浴

ハンカチにしみこませて使う場合は、ペパーミント、ラベンダー、口- ズマリーのいずれかを1滴です。
ハンカチやティッシュペーパーに精油を落として香りをかぎます。乗り物の移動中に気分が悪くなったときはペパーミント、時差ぽけで眠れないときはラベンダーがおすすめ。時差ぽけで頭がぽんやりしているときは、ローズマリーの心地よい爽やかな香りで眠気
をさましましょう。

入浴

全身浴はラベンダー3滴+ゼラニウム2滴。または、ベルガモット3滴+ ユーカリ2滴を使用します。
眠れないときは、38~40度のぬるめのお湯にラベンダーとゼラニウムの精油を入れてゆっくりつかります。そのとき、首から肩にかけて軽くマッサージします。眠気を払いたいときは、朝の入浴がおすすめです。
40~43度の熟めのお湯にべルガモットとユーカリの精油を入れて短めにつかります。そして手足を強めにマッサージします。

二日酔い

お酒は、みんなでわいわい飲めば楽しいものですがつい羽目をはずして飲み過ぎた翌朝の気分は不快でいやなものです。
頭痛、吐き気、むくみ、ベッドから起き上がれないなど… 。翌日、仕事や用事があるなら早くいつものペースに戻さなくてはなりません。精油やハーブの力で、からだに負担をかけずに症状を緩和させ元気な体調に戻しましょう。
さわやかな香りで頭痛や吐き気をやわらげ、利尿効果のあるハーブティーでアルコールを体内から早く排出させることで効果的です。

二日酔い解消のためのおすすめの精油は?

  • ペパーミント…胃の働きを高めて気分をリフレッシュ
  • レモン…肝臓の解毒作用を促して気分をリフレッシュ

入浴

半身浴の場合は、ペパーミント4滴を使用します。お酒を飲んだ翌日の朝、ぬるめのお風呂に半身浴でゆっくりとつかって酔いを覚ましますのがおすすめです。ペパーミントのさわやかな香りが気分をリフレッシュしてくれます。お酒を飲んだ直後の入浴は厳禁です。

温湿布

ペパーミント1~2滴を使用します。頭痛や吐き気がするときは温湿布が有効です。熱いお湯に精油を入れます。その中にタオルをつけて固く絞り温湿布を作ります。。これを首の後ろに当てます。

ハーブティー

ハーブは、 ペパーミント、リンデン、レモンパームを使用します。この3種のハーブは単品でもブレンドしても相性がよく、二日酔いでつらいときにおすすめです。胃腸の調子を整え、利尿作用を高めます。レモンパームのさわやかなレモンの香りが消化を促してくれるでしょう。

水分摂取も重要

精油を使ったり、入浴、温湿布、ハーブティーも効果的ですが、悪酔い、二日酔いを避ける水の飲み方などのように水分摂取も重要なポイントになります。
実際、二日酔いは水分不足のサインでもあるのです。

どれも全部試してみたけれど…やっぱり二日酔いになる…という人は肝臓が疲れているかもしれません。
そんなときはシジミです。肝臓が疲れ気味のときには昔も今もシジミです。
シジミのサプリを使って実際に症状が軽減、数値が改善した体験談、口コミはこちら。

食欲がない

食事がおいしく感じられなかったり、なぜか食欲がわかないという場合は、こころやからだが危険信号を送っています。食欲というのは、健康のバロメーターとして非常に重要なポイントです。
精神的なストレスが原因で食欲がないときは、柑橘系の精油を使った芳香浴が有効です。食事前に香りを拡散させると、食欲を刺激してくれるのでおすすめです。
内臓に原因がある場合は、入浴前に腹部のマッサージを行います。ただし症状によっては医療機関の受診が必須です。

食欲がないときにおすすめの精油は?

芳香浴

オイルウォーマー使用の場合は、スイートオレンジの量は、4滴です。食事の前にオイルウオーマーで柑橘系のさわやかな香りを拡散させてみましょう。食べたいという気持ちを呼び起こしてくれる作用が強く効果的です。

入浴

全身浴の場合は、ペパーミント3滴+レモン2滴を使用します。食前に入浴します。38~40度のぬるめのお湯に、気分をリフレッシュさせて食欲を増進させる効果のある精油を加えてゆっくりとつかります。さらに入浴前に両手かボディブラシでおへそのまわりをマッサージすると、血行がよくなり食欲を促します。このマッサージは、効果があるので是非おすすめです。

ハーブティー

ハーブは ジャーマンカモミール+ペパーミント。または、単品でハイビスカスが効果的です。ジャーマンカモミールとペパーミントには消化を促す作用があります。
また、ハイビスカスの酸っぱさも食欲をわかせます。ほかに消化を促進させるスパイス類を利用するのもおすすめです。