ジュニパーベリーの特徴と作用、注意点

ウッディーでさわやかな精油の香りはサイプレスにも似ていますが、ジュニパーベリーのほうがシャープでビリッとして爽やかです。
ジュニパーの木は小さな黄色の花を咲かせ、青色または黒色の液果を実らせます。精油は液果、葉、枝から採れるジュニパーと、液果のみから採れるジュニパーベリーの2種類があります。ジュニパーには、利尿作用と殺菌作用があり、コレラや腸チフスのような伝染病の治療に大きく貢献してきました。フランスの病院ではジュニパーとローズマリーの枝を焚いて病室の空気の浄化に役立て歴史があります。
心への作用としては、疲労した精神をリフレッシュして、ものごとにチャレンジしていく強い精神状態を保ちます。
体への作用は、とくに利尿作用は定番で、お酒を飲み過ぎたり、こってりとしたものを食べ過ぎたときに生じる毒性物質を排出させるのに役立ちます。食欲を正常に戻し、肥満の解消に役立ち、リウマチや痛風の痛みをやわらげます。

肌への作用は、収れんと洗浄効果があり、にきび、脂性肌、シェイプアップやセルライトの緩和には、このオイルでマッサージを行うといいでしょう。

注意点は、長期の使用は控えます。腎臓障害や体内に炎症があるとき、妊娠している際には、使用を控えます。
ジュニパーベリーの精油一覧

ジュニパーベリーの特徴と作用、注意点」への4件のフィードバック

  1. ピンバック: 無気力でやる気がでない | アロマテラピーの効能・効果

  2. ピンバック: 肩こり | アロマテラピーの効能・効果

  3. ピンバック: 夏ばて | アロマテラピーの効能・効果

  4. ピンバック: むくみをとりたい | アロマテラピーの効能・効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.