症状別」カテゴリーアーカイブ

むくみをとりたい

理想のプロポーションを簡単に手に入れられたら、ダイエット商品はこれほど氾濫しなかったでしょう。
アロマテラピーにおいても残念ながらダイレクトにやせる精油やハーブはありません。まずは、むくみや太った原因を考え、そのうえでアロマテラピーを利用するのがスタンダードな方法です。。むくみが目立つときは運動不足や水分の摂り過ぎが考えられます。また、むくみやすい体質には汗をかきにくく、血行が悪い人が多いようです。
つまり、代謝機能が鈍っていると余分な水分や脂肪を排出しにくくなり、その結果むくみが起こるのです。利尿作用に優れ、老廃物の排出を促すサイプレスやジェニパーベリーの精油を、マッサージや入浴に利用して新陳代謝を促進させましょう。このふたつの精油の香りは食欲をおさえて心を前向きにさせる働きもあるので、暴飲暴食を防いで食欲を自然のリズムに整えてくれます。

おすすめの精油は?

入浴

半身浴では、サイプレス+ジュニパーベリー各2滴を使用します。ぬるめのお湯に精油を入れてみぞおちから下までつかります。
このとき浴槽に入ったり出たりを繰り返す反復入浴法を行うと新陳代謝がより活発になり、汗をたくさんかいて老廃物や余分な水分を排出することができます。

マッサージ

サイプレス4滴+ジュニパーベリー2滴+ホホバオイル30mlを使用します。マッサージオイルを手のひらにとり、リンパの流れに沿って両手で足首からふくらはぎ、太ももに向かってさすり上げます。また、かかとの真ん中にあるツボの刺激は、代謝を促してむくみを緩和します。
二の腕も同じように、手首か小ら肩に向かってさすり上げます。マッサージは、体が温まっている入浴後に行うのが効果的です。

ハーブティー

ハーブは、ジュニパーペり-+レモングラス+ローズヒップス+ リンデンウッドを使用します。
利尿作用のあるジュニパーベリーやローズヒップス、さわやかなレモンの香りで消化を促進するレモングラス、水分の滞留を防ぐリンデンウッドをブレンドしたハーブティーを。継続して飲むことで、からだの中からむくみを解消できます。

頑固なむくみにおすすめ!

イサゴール」は、「サット イサゴール」は、インド原産ののオオバコ科植物、プランタゴオバタの種子のハルクを加工し粉状にした、植物性の食物繊維食品です。添加物や保存料は一切使用せずに加工し、無味無臭です。水分を含むと約30倍に膨れゼラチン状になります。 こうした健康食品を利用し、毎日の生活では、体の余分な水分や老廃物の排出を促進する精油などを使うとより効果的です。

生理不順

生理痛も女性にとっては大きな悩みですが、生理不順も困ってしまいます。生理の周期は始まった日から数えて25~35日後に次の生理が始まるのが基本です。周期が多少ずれても間隔が一定していれば心配はいりませんが、無排卵のケースもあるので基礎体温を測って排卵の有無を確認し、異常が疑われたら早めに婦人科を受診しましょう。
生理不順は、イライラしたり、不眠、冷え、のぼせ、腰痛などの症状が現れます。生活において精神的な不安やストレスをためないことも大切なポイントです。

おすすめの精油

入浴

全身浴は、クラリセージ+ラベンダー各2滴を使用します。38~40度のぬるめのお湯に精油を入れて、手でよくかき混ぜます。ゆっくりと全身をつかってリラックスしましょう。就重前に入れば心身をリラックスさせてストレスによる疲れや不眠症なども同時に緩和します。イライラするときには特に就寝前の入浴は効果的です。

温湿布

ローマンカモミール1滴を使用します。洗面器に熱湯を入れて精油を落とした中にタオルを浸してよく絞ります。
タオルを下腹部に当てます。痛みがあるときにも効果的です。タオルが冷めてきたら、もう一度熱いタオルを作ります。

マッサージ

クラリセージ3滴+ラベンダー3滴+スウィートアーモンドオイル30mlを使用します。痛みがあるときはマッサージがおすすめです。スウィートアーモンドオイルに精油を加えてよく混ぜマッサージオイルを作ります。背中底部から腰、腹部をやさしくマッサージします。

生理痛

生理に伴うお腹の痛みや不快感は、女性にしかわからない特有の症状であり悩みです。病気ではないのですが、気分も沈みがちでストレスもたまります。予定日の3~4日前から情緒が不安定になったり、外出できないほど辛い症状の人も少なくありません。
大切だけどわずらわしい生理を気分よく迎えるには、なによりも規則正しい食生活を心掛けることが大切です。脂肪分やカフェインなどの刺激物を減らし、ビタミンやミネラルが豊富な食品を摂るようにします。
また日頃からジャーマンカモミールティーを飲んだり、腹部のマッサージを行うと、痛みが軽減されます。
予定日の1週間前からラベンダーの精油で温湿布を行うのも効果的です。クラリセージやマージョラムなどの精油は、ホルモンのバランスを整えて、気分を高揚させたり、子宮を強化するといった女性特有の分野にも力を発揮します。

おすすめの精油

温湿布

ラベンダー1~2滴を使用します。熱いお湯に精油を入れます。その中にタオルを浸して固く絞り、腰にのせます)。温湿布は血行を改善することで痛みを軽減してくれます。ラベンダーの香りがリラックス効果もプラスします。

マッサージ

マッサージオイルを作ります。オイルを手のひらに取り、腹部を下に向かってさするようにマッサージします。マッサージは生理が始まる1週間前から行いましょう。また、内くるぶしの6cmほど上にある女性ホルモンに関係するツボの指圧や、背中から腰にかけてのマッサージもおすすめです。

ハーブティー

ハーブは、ジャーマンカモミールを使います。ジャーマンカモミールには精神をリラックスさせてホルモンの分泌を調整し、痛みやけいれんを鎮める効果があるので、日頃からこのハーブティーを飲んでいると生理痛が緩和されます。

効果がなかなか感じられない時

紹介している精油を使ったり、マッサージなどを行っても効き目を実感できないときには漢方薬などが効果的な場合があります。女性の半数が経験する月経前症候群には漢方薬で対処するといいでしょう。こちらに詳しく書かれています。

頭皮のふけ、かゆみ

フケも抜け毛も頭皮の皮脂や水分のバランスが崩れて起こります。汚れが原因でしょうじる場合もありますが、洗いすぎが原因でもふけ、かゆみは生じます。また、圧倒的に多い原因としてシャンプーの洗い流しが足りない場合です。念入りに洗います。

特に乾燥しやすい頭皮の場合は、お湯の温度が熱すぎないよう注意します。あと洗い終わった後にごしごしこするのもNGです。優しく水分をふきとるようにします。
マッサージで血行を促し、栄養を与えて頭皮を健康にしましょう。フケ防止用の手作りリンスの材料に使うローズマリーは肌への刺激が強いので、精油をラベンダーに替えたリンスと1週間おきに交互に使います。ストレスが原因で起こる抜け毛はについては、「ストレス」解消のための精油を使用します。

おすすめの精油

リンス

フケには、ローズマリー 2滴+アップルビネガー5ml。抜け毛には、イランイラン+ローズマリ-各1滴を使用します。
フケ用はビネガーに精油を加えてよく混ぜます。これをお湯を入れた洗面器に加えて、頭皮を中心に髪全体になじませます。洗い流す必要はありません。抜け毛用はお湯を入れた洗面器に精油を入れて作ります。その中で髪と頭皮をすすぎ、水気を拭き取ります。洗い流す必要はありません。

マッサージ

フケには、ロ-ズマリー6滴+ホホバオイル30ml。または、ティートリー4滴+ベルガモット2滴+小麦胚芽油2ml+ホホバオイル28mlを使用します。マッサージオイルを作ります。親指を除いた4本の指のはらで、額から後頭部に向かって頭皮をもむようにマッサージします。

髪がぱさぱさしてうるおいがない

髪の毛にツヤがなくまとまらないと悩んでいる女性は若い人にも多く見られます。栄養の偏りやストレスがたまると、髪はツヤをなくしパサパサしてきます。肌同様、髪もさまざまなお手入れのための商品があふれていますが、トラブルを根本から改善してくれるものは、なかなか見つかりません。
精油は頭皮から髪を保護する皮脂線に働きかけて、皮脂のバランスを整えます。手作りのヘアパックやリンスで栄養を補給して、髪の自然なツヤを取り戻しましょう。

おすすめの精油

リンス

イランイラン2滴を使用。お湯を入れた洗面器などに精油を落としてよく混ぜます。これを髪全体によくなじませます。洗い流す必要はありません。タオルで水気を拭き取って自然乾燥させます。イランイランには皮脂のバランスを整える作用があり、髪の成長を促進させます。

ヘアパック

イランイラン3滴+ゼラニウム3滴+ ココナッツオイル3mlを使用します。髪に適度な油分を補給するココナッツオイルに精油をよく混ぜて作ります。シャンプー後の濡れた髪と頭皮に、とくに毛先を中心になじませて軽くマッサージをします。
蒸しタオルを巻いて5~10分浸透させます。余分なオイルをタオルで拭き取り、翌朝洗い流します。過1回をのお手入れが目安です。

汗の臭い

他人が自分の汗を不快に思っていたら…と考えると少し落ち込んでしまいます。そして注意すべき点はその臭いに自分が気づかない点です。汗をかいたときに、いつでもシャワーを浴びたり、入浴できるとはかぎりません。制汗とデオドラント効果のある精油の力を利用した手作りローションを、外出前にスプレーしたり携帯して、汗や体臭を予防しましょう。特に夏の間はエチケットとして考えるべきでしょう。

ハーブのセージ10gを粉末状にしてコーンスターチ40gに混ぜたものと、ラベンダーの精油1滴をつけた綿棒を一緒にビニール袋に入れて口を閉じて1日置くと制汗パウダーができます。足につけておくとベタつきや臭いをおさえてくれるでしょう。
足はむれやすいので、汗の臭いが気になる部位でもあります。
時々、夏になるとこれでもか!というコロンなどをつけている人がいますが、あれだと「私は臭いです」と言っているようなものです。臭いもさりげなさがとても大切です。

おすすめの精油

入浴

全身浴は、サイプレス+グレープフルーツ各3滴を使用します。40~43度の熱めのお湯に精油を入れて短時間入浴します。低温長時間の入浴は発汗を促すので注意します。柑橘系の精油を使ったときは、その後1時間以内は紫外線に当たらないように注意します。

ローションスプレー

ユーカリ7滴+レモン2 滴+ベルガモット1滴+ウォッカ5ml 精製水45mlを使用します。制汗作用のあるローションを作ります。お酒のウォッカに精油を加えてガラス棒などでよく混ぜます。これを保存用のスプレーボトルに移します。
精製水を加えてふたを閉め、よく振り混ぜます。脇の下など、汗や臭いが気になるところヘスプレーすることで気になる汗の臭い解消します。

臭いの種類と対策はこちら。特に夏に要注意です。

しもやけ

生活環境や食生活の変化で昔ほど耳にしなくなりましたが、子供や水仕事をする人の中にはまだまだ多いのが、しもやけです。春~秋にかけては全く大丈夫でも冬~春にかけては必ずしもやけになってしまう女性が多いのも特徴です。
手足だけでなく耳や鼻にできることもあり、赤く腫れてかゆみを生じます。これはからだの末しょうの血液の巡りの悪さが原因なので、血流を改善することが必要です。
手浴や足浴で温めたり、指でやさしくほぐすと効果的。マッサージには血行を促す小麦胚芽油を使います。

おすすめの精油

手浴・足浴

(ハープ)ジャーマンカモミール10gを使用します。洗面器にハープを入れて熱湯を注ぎます。浸出されるまで5~10分待ち、水を加えて適温に調節します。手首または足のくるぶしまでお湯に約10分浸します。お湯の中で指をやさしくさするとさらに効果的です。

マッサージ

ジュニパーペリー1 2滴+ローズマリー2滴+ラベンダー2滴+小麦胚芽油5ml+スイートアーモンドオイル25mlを使用します。
キャリアオイルと精油でマッサージオイルを作ります。手と足の指1本1本にオイルを塗り、指のつけ根から指先に向かって、親指で円を措きながらやさしくさすります。内くるぶしの6cmほど上にある血行を促すツボを指圧するのも効果的です。
キャ

肌が脂っぽくててかってしまう

皮脂の分泌が盛んな脂っぼい肌は、にきびなどができやすくメイクも崩れやすいのが悩みです。ハーブを使ったフェイシャルスチームやパックで皮脂のバランスを整え、毛穴に老廃物がたまらないようにしましょう。油っぽい揚げ物などの食べ過ぎにも注意します。最近は、「洗いすぎ」による皮脂の過剰分泌が原因になっていることもあるので注意します。
洗いすぎの場合には、「肌の乾燥」の解消を試してみるといいでしょう。
収れん効果のあるラベンダーの浸出液でパッティングしたり精油を使ったローションを冷蔵庫で冷やして使うと毛穴の引き締めに効果的です。

おすすめの精油

フェイシャルスチーム

ハープは、ラベンダー3g+ マリーゴールド2g+ローズ1gを使用。洗面器にハープを入れて熱湯を注ぎ、別の洗面器などでふたをして約5 分間浸出させます。バスタオルをかぶって蒸気を顔にあてて、毛穴に詰まった老廃物を取り除きます。

フェイシャルパック

ゼラニウム1滴+セージ(ハーブをパウダー状にしたもの) 小さじ1+ホホバオイル小さじ1+カオリン大+ 精製水大さじ1を使用します。
乳鉢にカオリンとセージ、精製水を加えて練り合わせます。次にホホバオイルを加えて混ぜ、最後に精油を混ぜます。これを目と口のまわりを避けて顔に塗り、10分放置して乾いたら洗い流します。

ローション

ジュニパーベリー1滴+口- ズマリー1滴+ホホバオイル1ml+ 精製水30mlを使用。ホホバオイルに精油を入れてガラス棒などでよく混ぜます。保存用の遮光ビンに移し、精製水を加えます。ふたをしてよく振り混ぜます。使う前にもう一度よく振り、コットンにたっぶり含ませてパッティングしながらつけます。

肌の乾燥

乾燥した肌は、油分だけでなく水分も不足しています。かゆみを伴うときは血行が滞っていることも考えられます。入浴やマッサージで血行を促し、精油を使った手作りの化粧品で皮脂のバランスを整えてあげましょう。クリームは入浴後の肌につけるのが効果的。
唇の荒れにはリップクリームを就寝前に小指でやさしくらせんを描きながら塗るようにします。

おすすめの精油

入浴

全身浴の場合は、ラベンダー4~5滴です。38~40度のぬるめのお湯に精油を入れ、ゆっくりとつかって血行を促します。乾燥による肌のかゆみをおさえるためにも血行を促すことが必要。ラベンダーの精油には炎症をおさえてかゆみを防ぐ効果があります。

ローション

イランイラン2滴+マカデミアナッツオイル30mlを使用します。材料をよく混ぜ合わせます。これは保湿効果に優れたローションになります。コットンか手のひらにローションを取り、顔やからだのかさつきが気になる部分に、なでるように塗ります。

クリーム

ボディークリーム、ゼラニウム3滴+キャロットシードオイル5ml+ホホバオイル10ml+ビーワックス3g+ローズウォーター5ml。リップクリーム、ラベンダー、ゼラニウム、サンダルウッド3gを使用します。
唇は、本来精油を使えない部分なので、ごく低濃度で作ります。荒れがひどいときは、クリームを塗ったあとラップで覆って5分ほどパックをするとさらに効果がアップします。

虫さされ、虫よけ

真夏の夜などは暑くて寝苦しいのもありますが、虫に刺されたりするとかゆみを我慢するのはたいへんです。また、女性であれば、刺された跡を残したくありません。
虫刺されの手当てにはラベンダーかティートリーの原液を塗ります。また、手作りのかゆみ止めクリームはペパーミントのスーツとした感触が心地よいでしょう。虫よけ対策には防虫効果のある精油で作ったローションを肌にスプレーしておきます。キャンプなどアウトドアで携帯するととても役立ちます。

おすすめの精油

精油の原液を塗る

ティートリーまたはラベンダーを使用する。どちらかの精油を綿棒の先につけて、虫に刺された部位に塗ります。このふたつの精油は、かゆみや炎症を鎮める効果があり、そのまま希釈しないでつけることが可能です。

ローションスプレー

シトロネラ3滴+ゼラニウム2滴+ウォッカ5ml+精製水45mlを使用。防虫効果のある精油で虫よけのローションを作ります。これを肌にスプレーします。汗で流れたら2~3時間おきにつけ足します。ボディローションとして使い、顔への使用は避けます。

クリーム

ラベンダー2滴+ペパーミント1滴+ホホバオイル15ml+ ピーワックス3gを使用。かゆみ止めクリームを作ります。ピーワックスとホホバオイルを湯煎にかけてよく混ぜて溶かします。溶けたら容器に移してかき混ぜながら冷まします。クリーム状に白くなったら精油を加えてさらに混ぜます。しばらく放置して冷めたら完成。