無気力でやる気がでない

気力がなく、面倒な気持ちになったり、何もやる気が起こらない状態。ストレスや精神的疲労がたまってくると、無気力で無関心といった、憂うつな気分に陥ります。
なげやりな気持ちにもなったりします。

新入社員や学生が、今までの環境と変わったときにかかりやすい五月病もその一種です。気分を高揚させて、やる気を促すように、気分転換やライフスタイルの転換をはかります。

毎日を楽しく過ごせるように、自分を積極的に鼓舞することが大切です。たとえば、朝起きたときに、爽快感を満喫できるような香りを焚いたり、頭がすっきりして1日がんばろうと思えるようなハーブティーを飲むなど、簡単にリフレッシュできる方法がおすすめです。そして夜は、次の日に備えて1日の疲れを癒し、リラックスできるような香りを足して、ゆっくりと入浴を楽しむのがおすすめです。

おすすめの精油

  • グレープフルーツ…緊張をほぐして気持ちを落ちつけ、切り替える
  • ジャスミン…憂うつな気分をなくして幸福感を与える
  • ジュニパーベリー…精神を引き締めて強くする
  • クラリセージ…こころに元気を与える
  • ゼラニウム…気持ちを明るくし、高める
  • ローズウッド…不安を取り除いてリフレッシュさせる
  • ローズマリー…気持ちを元気にしてやる気を引き出す

入浴

ジュニパーベリー+グレープフルーツ各2滴(半身浴の場合は各1滴)を使用します。
気分が重い朝は、40~42度くらいのやや熟めのお湯で、さっと短時間に全身浴をするのがおすすめです。精神を刺激して前向きな気持ちにする精油や、緊張をほぐす精油を使います。夜の入浴なら、ややぬるめのお湯、38~39度程度でゆったりと半身浴をします。

マッサージ

ジャスミン2滴+口-ズウッド1滴+ホホバオイル30mlが適量です。
マッサージオイルを両手になじませ、ストレスがたまってこりやすい首や肩を中心にもみほぐしていきます。首をやや傾けて、耳の後ろあたりから扁へ大きく円を描くように手を動かします。血液の循環を促すように、ときどき指先に力を入れてさするのがポイントです。

ハーブティー

セージ+オレンジプロッサム+ペパーミントがおすすめのハーブです。
朝、あるいは気持ちが落ち込んでいるとき、気分をすっきりとさせてこころを落ちつかせるお茶を飲みましょう。
熱いお茶はこころを元気づけますが、夏はアイスティーにしてもいいでしょう。セージが苦手な人は、ハチミツやレモンを加えると飲みやすくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください