頭痛

首や肩のこり、さらに背中のこり、目の疲れ、二日酔い、風邪など、頭痛の原因はさまざまです。またストレスや精神的な問題からも頭が重くなったり、痛くなることがあります。
ズキズキとする痛みに、つい薬を飲んでしまいそうになりますが、心身の疲れが原因なら、痛みを一時的にとるだけではなく、からだの内側と外側からリラックス&リフレッシュさせることが大切です。体の緊張をとること大切です。
そこで、頭が痛くなったら( 原因にもよりますが)、まず首や肩をまわしたり、こめかみのあたりを軽く押さえるなど、簡単なマッサージやストレッチ運動をしてみましょう。ハンカチに鎮静効果の高い精油を落として、香りを吸い込む方法もあります。
また、熱をもった頭痛なら、痛みを鎮める精油をプラスした冷たい湿布も効果的。ただし、痛みがひどい場合は、早めに医療機関を受診します。

おすすめの精油は?

芳香浴

ハンカチにしみこませる場合は、ラベンダー、ペパーミントのいずれかを1滴使用します。即効性を期待するなら、痛みをやわらげ、気分をさわやかにする効果のある精油をハンカチに落とし、香りをかぎます。鼻に直接つけたり、強く吸い込んではいけません。また、リラックス効果の高い精油を部屋中に拡散させます。

入浴

半身浴では、ラベンダー3滴+クラリセージ1滴+マージョラム1滴を使用します。(全身浴の場合は、精油の量は各2倍にします。
38~40度くらいのややぬるめのお湯で半身浴か、40~42度くらいの少し熟めのお湯で全身浴をします。ラベンダーの甘みのある香りがリラックスさせます。

冷湿布

ラベンダー2滴+ペパーミント1滴を使用します。洗面器に冷たい水を入れ、その中に精油を落としてから、タオルを浸します。固く絞ったタオルを額や閉じた目の上にしばらく当てておきます。二日酔いの頭痛には、効果抜群です。

マッサージ

ラベンダー1滴+ホホバオイル5mlを使用します。マッサージオイルを両手になじませたら、中指でこめかみを押さえたり、もみほぐします。目の疲れからくる頭痛なら、目のまわりを軽く押してから、両目を閉じ、上からそっと押さえます。

ハーブティー

ラベンダー+ペパーミント+レモングラスを使用します。頭痛がしたら、気分を変えるためにも、スーツとする、さっぱりした味の熱いお茶を飲みましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください