便秘

おなかが張って苦しかったり、便意はあるのに出ないなど、女性に多い悩みが便秘です。3人に1人が便秘に関する悩みを抱えています。
なかには1週間~10日もお通じがないというケースもあります。原因は運動不足、偏食、ストレス、旅行といった環境の変化などが考えられます。
また、毎日お通じはあるのだけれど、「いまひとつスッキリしない」などの場合も便秘になります。
便秘の解消にいちばん効果的なのはハーブティーです。なかでも、血液を浄化するローズのお茶を毎食後飲んでいると、便通をスムーズにしてくれます。また、朝食後に常温のミネラルウォーターをコップ2~3杯ほど飲むのも効果的です。精油に頼りすぎることなく、まずは規則正しい食生活や適度な運動を心掛けたうえで、マッサージをして大腸の働きを助けたり、入浴でストレスをやわらげてあげましょう。忙しいからといって、トイレをがまんしないことも大切です。せっかく便意があるのを我慢してしまうと腸のぜん動運動がストップしてしまいます。

おすすめの精油は?

入浴

全身浴は、フェンネル1滴+ローズマリー1 滴+レモングラス2滴を使用します。38~40度のぬるめのお湯に、胃腸の働きを促す精油を加えてゆったりとつかります。心身共にリラクスします。入浴は、その日の疲れを取り去り、リラックスさせて緊張感をやわらげます。ストレスをなくすこともとても大切な解消法のひとつです。

温湿布

ローズ1滴を使用します。洗面器に熱湯を入れ、精精油を落とします。そこにタオルを浸してきつく絞ります。これを下腹部へ当てます。おなかが冷えないように、タオルが冷めてきたら、もう一度、熱いタオルを作ります。

マッサージ

ローズマリー2滴+マージョラム1滴+ブラックペッパー l滴+ホホバオイル30mlを使用します。
手のひらでマッサージオイルを温めてから、両手でおへそのまわりを時計まわりにやさしくさすります。精油は消化器系の働きを活発にさせるタイプを選び、就寝前か朝起きたときにマッサージを行うのがおすすめです。腸を刺激してお通じを促してくれます。

ハーブティー

毎食後、ローズティーを飲みます。温めたポットに1杯分のハープを入れてから熱湯を注ぎます。ふたをして3~5分間蒸らし、茶こしを使ってカップに注ぎます。ローズティーは、利尿効果の高いウ一口ン茶やプーアール茶とブレンドするのもおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください