疲れ目、ドライアイ

パソコンやワープロなどのOA機器、テレビやファミコンの使用。最近では、常に携帯やスマホなどを使用しているコンタクトの長時間装着。知らず知らずのうちにに目を酷使しています。
最近では、「ドライアイ」と呼ばれる現象も起きています。これは、涙の量が少なく、目が乾燥しがちで疲れやすくなり、ひどくなると目の奥が痛みだしたりします。
疲れ目は、放っておくと肩こりや頭痛の原因にもなってしまうので、早めの処置が肝心です。疲れを自覚した際には、目の疲れやドライアイは思った以上にすすでいるケースが多いのです。
目が疲れたと感じたら、精油やハープを利用した湿布をしてみましょう。温かい湿布なら、目のまわりの緊張がほぐれて楽になります。
また、冷たい湿布は、チタチクと刺すような痛みに効果的です。ただし、目もとはデリケートな場所なので、精油は作用が穏やかなものを選び、かなり希薄して使います。眼精疲労は、無理が禁物。疲れを感じたら、目薬をさし、目を閉じて休むことも必要です。

おすすめの精油は?

入浴

全身浴の場合は、 ラベンダー4~5滴を使用。精神的な緊張や肩こりがひどい場合は、目の疲れ同様にもひどくなります。精油を加えた38~40度くらいの少しぬるめのお湯に入って、心身ともにリラックスさせます。お湯の中で全身をマッサージするのもおすすめです。

湿布

温湿布の場合は、ラベンダー1滴を使用、冷湿布 ハープ)の場合は、 ジャーマンカモミール5gを使用します。温湿布は、洗面器にお湯を入れて精油を落とし、その中にタオルを浸します。固く絞ってから、まぶたや首の後ろに当てて、緊張をほぐします。冷湿布は、まずジャーマンカモミールのハーブティー( 浸出液) を作って冷蔵庫で冷まし、それをコットンにたっぶりと含ませてから軽く絞り、まぶたの上にのせます。この浸出液を含ませたコットンを保存しておくと疲れ目の時には役立ちます。

マッサージ

マカデミアナツツオイル15ml+バーチEオイル3満を使用します。目もとは刺激に弱い部分なので、キャリアオイルだけを使ってマッサージします。中指にオイルをなじませたら、両目のまわりを軽く押していきます。
こめかみや目口と目の間は、とくにゆっくりと押します。肩や首のこりを感じる人は、手にオイルをなじませたあと首から肩にかけて大きく円を措くようにさすります。

疲れ目、ドライアイ」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 肩こり | アロマテラピーの効能・効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください