爪を美しく健康的に見せたい

健康的な爪をつくるには、爪母(爪のつけ根部分) の状態がよいことが条件となります。爪のまわりの皮膚が荒れていると美しく見えないばかりか、健康的な爪が生えてきません。また、爪は健康のバロメーターといわれ、からだに支障をきたしているときは爪も不健康になりがちです。まずは手浴で指先をリラックスさせてから、マッサージで血行を促し、保湿効果のあるパックでうるおいを与えます。

おすすめの精油は?

手浴

ハーブのジャーマンカモミール2g+ ローズ3gを使用します。洗面器にハーブを入れ、熱湯を注いで5~10分浸出します。水を足して温度を調節し、手首まで10分ほどつけます。お湯の中でのマッサージも効果的です。

ネイルパック

レモン2滴+マカデミアナッツ下りWindows3ml+小麦胚芽1ml+キャロットシードオイル1ml+ビーワックス30gを使用します。
ピーワックスを湯煎で溶かし、そこにキャリアオイルと精油を加えてよく混ぜ、湯煎をはずして熱がとれるのを待ちます。指先を第一関節くらいまで入れ、指のまわりに少しワックスが固まったら一度出して乾かす、これを2回線り返したら3分待ちます。ワックスをはがします。爪と爪のまわりの皮膚に栄養を与えます。

マッサージ

レモン2滴+ラベンダー1滴+マカデミアナッツ15mlを使用します。マッサージオイルを指先に塗り、親指で指のつけ根から先端までらせんを措きながらマッサージします。とくに、新しい爪が作られる爪のつけ根部分(爪母) をていねいに行うのがポイントです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください