食欲がない

食事がおいしく感じられなかったり、なぜか食欲がわかないという場合は、こころやからだが危険信号を送っています。食欲というのは、健康のバロメーターとして非常に重要なポイントです。
精神的なストレスが原因で食欲がないときは、柑橘系の精油を使った芳香浴が有効です。食事前に香りを拡散させると、食欲を刺激してくれるのでおすすめです。
内臓に原因がある場合は、入浴前に腹部のマッサージを行います。ただし症状によっては医療機関の受診が必須です。

食欲がないときにおすすめの精油は?

芳香浴

オイルウォーマー使用の場合は、スイートオレンジの量は、4滴です。食事の前にオイルウオーマーで柑橘系のさわやかな香りを拡散させてみましょう。食べたいという気持ちを呼び起こしてくれる作用が強く効果的です。

入浴

全身浴の場合は、ペパーミント3滴+レモン2滴を使用します。食前に入浴します。38~40度のぬるめのお湯に、気分をリフレッシュさせて食欲を増進させる効果のある精油を加えてゆっくりとつかります。さらに入浴前に両手かボディブラシでおへそのまわりをマッサージすると、血行がよくなり食欲を促します。このマッサージは、効果があるので是非おすすめです。

ハーブティー

ハーブは ジャーマンカモミール+ペパーミント。または、単品でハイビスカスが効果的です。ジャーマンカモミールとペパーミントには消化を促す作用があります。
また、ハイビスカスの酸っぱさも食欲をわかせます。ほかに消化を促進させるスパイス類を利用するのもおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください