精油とハーブ」カテゴリーアーカイブ

エルダーフラワー

マスカットを思わせるりで、ワインやリキュール、料理の風味づけに使われることが多いハープ。果実にはビタミンCが豊富に含まれます。お茶には発汗作用があり、リウマチやぜんそく、風邪、不眠症を緩和します。
また、葉を煎じ浸出液を作り、スプレしーて使えば、殺虫効果できます。

リンデン(ボダイジュ花)

ソフトな甘い香りで、スパイシー。深みがあり、香りは持続します。とてもリラックス効果が高く、快眠できる精油です。頭痛や神経痛を改善し、高いコレステロール値を低下させ、貧血症を緩和。また、やけどを治し、シワやしみを防ぎ、髪の毛の成長を促します。主な作用は、血圧降下作用、頭脳明噺化作用です。

ラバンジンの作用

ラベンダーに似た香りですが、より甘美でシャープ,作用も似ていて、落ち込んでいるときやリフレッシュしたいときにおすすめです。筋肉疲労やリウマチの痛みに効果的で、風邪をひいたときに呼吸を楽にしてくれるのに役立ちます。主な作用は、去痰作用、抗うつ作用、抗神経障害作用、消毒作用、鎮痛作用、癒傷作用です。

ライムの作用

かなり鋭くて、苦みのある甘い香りです。理由もなく不安な気分になったときや疲れているときは、こころをリフレッシュさせてくれます。風邪を引いたときはせきを鎮め、感染症を阻止するのに役立ちます。肌につけたあとは直射日光を避け、敏感肌の人はパッチテストを事前に行います。主な作用は、解熱作用、抗ウイルス作用、殺菌作用です。

ヤロウの作用

ほのかに甘くて、スパイシーな香りは、気力が衰えたと感じるときにおすすめな精油です。血液の循環をよくし、からだを健康にします。また、蚊を寄せつけない働きもあります。ただし、からだには長期に渡って使用してはいけません。また、敏感肌の人や妊娠中も使わないこと。主な作用は、解熱作用、止血作用、消炎作用です。

没薬(ミルラ)の作用

どことなく麝香を思わせる香りで、無気力なときや落ち込んでいるときに気分を明るく、また軽くしてくれます。抗菌効果が高く、口の中のあらゆる不調に有効で歯槽膿漏や歯肉炎、胃からくる口臭を消すのに役立ちます。
妊娠中は使用を避けます主な作用は、強壮作用、健胃作用、デオドラント作用、子宮強壮作用、刺激作用、殺菌作用などです。

ベチバーの作用

スモーキーで土をイメージせるような香りが特徴。鎮静力に優れ、ストレスや緊張を緩和させる働きがあります。中枢神経のバランスをとり、病気をよせつけず、健康なからだに戻す力を発揮します。また、不眠症を改善し、ニキビにも効果的。主な作用は、強壮作用、抗神経障害作用、催淫作用、消毒作用、鎮静作用です。

マンダリンの作用

バレンシアオレンジに似た甘いフルーティーな香りは、神経の緊張を鎮めて気分を明るくさせます。マンダリンの精油は、妊娠後期に低濃度で使って安全な精油のひとつです。
精油は半年以内で使い切ることがおすすめ。日光に当たる前に使用してはいけません。主な作用は、健胃作用、抗うつ作用、鎮静作用です。

メリッサ(レモンバーム)の作用

フローラルベースの甘いレモン系の香り。パニックなどを起こした場合に沈静作用で穏やかに明るい気分へ導きます。
心臓の弱い人やぜんそくに効果を発揮します。また、女性の生理を正常にして生理痛を和らげますが妊娠中や敏感肌への使用は控えます。主な作用は、強心作用、解熱作用、健胃作用があります。

ブラックペッパーの作用

辛味のあるスパイシーで鼻にツンとくる香りは刺激を与えて、からだをほかほかに温め、感染症や吐き気、風邪の症状を緩和します。
乾燥させて香辛料として調理に使われるのが主流です。精油は低濃度で使用し、敏感肌の人は使用を避けます。主な作用は、循環器系強壮作用、消化促進作用、抗鰊作用、鎮痙作用、催淫作用などがあります。