精油とハーブ」カテゴリーアーカイブ

プチグレンの作用

フレッシュな香りで気分をさわやかにします。薬効はネロリと似ていますが、ネロリよりも安価であっさりとしています。
不眠症や時差ぽけなどストレスから起こる障害に効果があり、疲労感を取り除きます。
にきび肌のお手入れにも最適です。主な作用は、抗うつ作用、神経強壮作用、細胞促進作用、鏑静作用、皮膚軟化作用などがあります。

フェンネルの作用

フローラルでややスパイシーなハーブ系の香りがします。からだの浄化作用に優れ、消化を活発にして神経を鎮静させるので、ストレスによる消化不良や便秘の解消に効果的。
適量を守り、妊娠中は使用を避けましょう。主な作用は、解毒作用、健胃作用、殺虫作用、刺激作用、食欲増進作用、通経作用です。

ヒソップの作用

温かくて甘みのある香り。ほっとします。とくに精神面に働きかけ、哀しみやこころの傷みを癒します。循環器系を正常化する働きがあるので、生理中のむくみにも効果的。強力な精油なので使用量は少なめに。高血圧の人や妊娠中は使用を避けましょう。主な作用は、強心作用、強壮作用、解熱作用です。

パチュリーの作用

ウッディーで自然の土っぼい独特な香りで、アジアでは解毒剤や防虫剤に利用されていました。炎症や手荒れの改善にも役立ちます。精油は少量なら鎮静作用を、多量の使用は刺激作用をもたらします。年月を経るごとに質や香りが強くなるのが特徴です。主な作用は、鎮静作用、催淫作用、殺菌消毒作用、収れん作用、利尿作用です。

バーチの作用

やや殺菌消毒剤をイメージさせる香りですが、リフレッシュ効果の高い精油です。弱くなったこころを元気にする働きがあります。血液を浄化し、利尿作用で、体内からの毒素排出を助けます。刺激が強いので、敏感な肌の人はパッチテストが必要。主な作用は、殺菌作用、又れん作用、鎮痛作用などです。

バジルの作用

パスタに入れるハーブとしておなじみのハーブ。くっきりとしたスパイシーなハーブ系の香りは、集中力を高めたいときにおすすめです。頭痛、偏頭痛、肩こりや筋肉痛もやわらげます。作用が強いので敏感肌や妊娠中の使用は避けましょう。主な作用は、抗うつ作用、神経強壮作用、健胃作用、殺菌消毒作用、消化促進作用、刺激作用、頭脳明晰作用、通経作用です。

パインの作用

フレッシュな森林の香りは、精神的に落ち込んでいるときに、こころをリフレッシュさせます。気管支炎や鼻づまりに効果的。血液循環をよくするので、筋肉痛やこりをやわらげ、切り傷や皮膚の炎症に有効。敏感肌の人はパッチテストが必要。その他の作用は、強壮作用、消毒作用、利尿作用です。

セージの作用

鋭い、くっきりと印象に残る香りがするセージは刺激が強いので、ごく少量を使います。疲労したときや哀しいときに効果を発揮します。また、記憶力を向上させたいときにもおすすめ。筋肉痛の緩和にも役立ちます。ただし、使用量は注意します。妊娠中は、厳禁です
その他の作用は、強壮作用、浄血作用、血圧上昇作用です。

スペアーミントの作用

ペパーミントより少し甘い香りで、落ち込んでいるときに、こころを刺激して元気づけてくれます。胃の筋肉をリラックスさせる働きがあり、しゃっくりや吐き気を止めるのに効果的。敏感な肌や目の周囲の使用と妊娠中の使用は避けます。主な作用は、健康回復作用、殺虫作用、刺激作用です。

スパイクラベンダーの作用

ラベンダーに比べて、さらにフレッシュではっきりした香り。なんとなく頭が重いときは気分をすっきりさせます。気管支炎やのどが痛むときには、呼吸を楽にして痛みをやわらげてくれます。殺菌作用もあり、水虫に効果的。妊娠中の使用は避けます。代表的な作用は、抗ウイルス作用、殺虫作用、鎮痛作用です。