日焼け、軽いやけど

日焼けも軽いやけども、あとのお手入れが肝心です。早めの処置がきれいに治す最大のポイントになります。ヒリヒリとほてりがあるときは、まず流水で冷やして炎症を鎮めます。
軽いやけどならこのあとすぐに精油を塗って空気を遮断すると跡が残りません。日焼けには精油にお酒のウォッカとラベンダーウォーターを加えたローションを、コットンか海綿にたっぶり含ませてパッティング。肌に水分を与えます。日焼けも軽いやけども保湿が重要です。

おすすめの精油

入浴

全身浴の場合には、ラベンダー4~5満を使用します。水とほぼ同じ温度のぬるま湯に精油を入れてよくかき混ぜてから全身をつかります。日焼け後の肌のほてりを鎮めます。

精油の原液を塗る

使う精油はラベンダーです。綿棒にラベンダーの原液をつけて、やけどをした部分に塗ります。また、日焼けのはてりがおさまったあとのお手入れには、ラベンダー6滴とセントジョンズワートオイル10mlを混ぜたものを薄く塗布しても効果は同じです。広範囲に塗布できます。

ローション

ラベンダー2滴+ネロリ1滴+ウォッカ5ml+ラベンダーウォーター25mlを使用します。ビーカーに精油とウォッカを入れてよく混ぜます。これを遮光ビンなどに移し、ラベンダーウォーターを加えてよく振り混ぜます。コットンにこのローションをたっぶりと含ませてやさしくパッティング。冷蔵庫で冷やしておくとより効果的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください