にきび、吹き出物などの肌荒れ

にきびやふきでものは過剰に分泌された皮脂に細菌が繁殖してできます。洗顔で肌を清潔に保ち、リラックスして新陳代謝を促すことが大切です。油脂分の多い食事や香辛料を控え、抗菌作用のある精油を利用したり、日頃からハーブティーを飲むのもいいでしょう。
また、最近の人には、「洗いすぎ」による吹き出物誘発症状も多く、気づかないうちに洗いすぎてしまう人も多いようです。

フェイシャルスチームは毛穴に詰まった皮脂を取り除いて、にきびの予防にもなりますが、半身浴でも十分効果があります。

おすすめの精油は?

精油の原液を塗る

ラベンダーまたはティートリーを綿棒の先につけて、にきびやふきでものができている部分に直接塗ります。一度つけて改善が見られないときは使用を中止しましょう。

フェイシャルスチーム

ラベンダー+口- マンカモミール各1滴を使用します。洗面器にお湯を入れて精油
を落とします。バスタオル
をかぶって、顔を湯面に近づけ、日を閉じて5~10分蒸気を当てます。最後に冷水で顔を洗います。お手入れは週1 回程度を目安に。

ローションを付ける

ラベンダー2滴+ホホバオイル5mlを使用します。精油とホホバオイルをよく混ぜ合わせてにきび肌用ローションを作り、コットンに含ませてパッティングしながらつけます。あまり症状がひどいときは使用を控えます。

ハーブティー

ジュニパーペリー+ワイルドストロベリー+ペパーミントを混ぜます。3種類をブレンドしたハープを使います。このお茶は解毒、殺菌効果に優れ、新陳代謝を高める作用があります。日頃から常飲するようにすると効果を維持することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください