二日酔い


お酒は、みんなでわいわい飲めば楽しいものですがつい羽目をはずして飲み過ぎた翌朝の気分は不快でいやなものです。
頭痛、吐き気、むくみ、ベッドから起き上がれないなど… 。翌日、仕事や用事があるなら早くいつものペースに戻さなくてはなりません。精油やハーブの力で、からだに負担をかけずに症状を緩和させ元気な体調に戻しましょう。
さわやかな香りで頭痛や吐き気をやわらげ、利尿効果のあるハーブティーでアルコールを体内から早く排出させることで効果的です。

二日酔い解消のためのおすすめの精油は?

  • ペパーミント…胃の働きを高めて気分をリフレッシュ
  • レモン…肝臓の解毒作用を促して気分をリフレッシュ

入浴

半身浴の場合は、ペパーミント4滴を使用します。お酒を飲んだ翌日の朝、ぬるめのお風呂に半身浴でゆっくりとつかって酔いを覚ましますのがおすすめです。ペパーミントのさわやかな香りが気分をリフレッシュしてくれます。お酒を飲んだ直後の入浴は厳禁です。

温湿布

ペパーミント1~2滴を使用します。頭痛や吐き気がするときは温湿布が有効です。熱いお湯に精油を入れます。その中にタオルをつけて固く絞り温湿布を作ります。。これを首の後ろに当てます。

ハーブティー

ハーブは、 ペパーミント、リンデン、レモンパームを使用します。この3種のハーブは単品でもブレンドしても相性がよく、二日酔いでつらいときにおすすめです。胃腸の調子を整え、利尿作用を高めます。レモンパームのさわやかなレモンの香りが消化を促してくれるでしょう。

水分摂取も重要

精油を使ったり、入浴、温湿布、ハーブティーも効果的ですが、悪酔い、二日酔いを避ける水の飲み方などのように水分摂取も重要なポイントになります。
実際、二日酔いは水分不足のサインでもあるのです。

どれも全部試してみたけれど…やっぱり二日酔いになる…という人は肝臓が疲れているかもしれません。
そんなときはシジミです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です