精油とハーブ」カテゴリーアーカイブ

ペパーミントの特徴と作用、注意点

メントールの爽やかな香りをもつペパーミントは、ウォーターミントとスペアミントの交雑種です。このハーブはヨーロッパ、アメリカなどで栽培されています。なかでも湿気のある気候を好むことから、イギリス産のペパーミントが最上のタイプだともいわれています。
ペパーミントは古くから歯みがき粉、消化薬、お菓子、酒などの香りづけに利用されてきました。軽く透き通った香りは、からだとこころにも積極的に働きかけます。精油の原液1滴をハンカチなどに落としてかぐと、吐き気や乗り物酔いを鎮めます。
防虫効果にも優れます。

心への作用は、ペパーミントの香りは刺激を与えて気持ちを引き締め、怒りを鎮めてくれます。精神的な疲労や偏頭痛を解消します。

体への作用は、とくに消化器系への作用に大きな効果があります。消化不良、胸やけ、下痢、便秘、乗り物酔いなどに有効に働きます。熱っぽいときや鼻づまりにも効果的です。歯痛、リウマチ、筋肉痛などの痛みをやわらげる作用などもあります。

肌への作用は、清涼感と浄化作用があり、かゆみ、炎症、日焼けを緩和します。にきびや脂性肌にもよいでしょう。

注意点は、刺激が強いので希釈濃度を厳守します。吸入をするときは目を閉じて行います。妊娠中、授乳中は使用を避けます。

ペパーミントの精油一覧はこちら。

ネロリの特徴と作用、注意点

ネロリの精油は、オレンジの香りをフローラルにしたような、一度かぐと忘れられない美しい品のある香りをもつ、とても高価なオイルです。精油のほとんどがビターオレンジやスイートオレンジの花から抽出されます。
作用にあまり差はありませんが、最上のものとされるのはビターオレンジから採れるネロリ・ビガラード油です。ネロリという名前は、イタリアのネロラ公国のアンナ・マリア妃がこの香りを好んで愛用したことに由来するといわれています。
今日でも化粧品やオーデコロンの成分として使用される定番です。

心への作用は、不安や落ち込んだこころを解きほぐし、ストレスを減少させて幸福感を与えます。興奮を鎮めて気分を落ちつけるので、眠れない夜や更年期のイライラとした症状にもよいでしょう。仕事などでいらだってしまうときにも有効です。

体への作用は、神経痛や頭痛、あくびを抑制します。また、腸に対して鎮静効果を発揮して下痢を鎮めます。血液を浄化して循環をよくするので、からだ全体の強壮剤としても優れた作用があります。

肌への作用は、細胞の成長を促進して、弾力のある肌を取り戻す手助けをします。乾燥肌、敏感肌、衰えはじめた肌に有効です。

注意点は、高いリラックス効果があるので、穏やかな眠気を感じます。車の運転など、集中力が必要なときは使用を避けます。

ネロリの精油一覧はこちら。

ティートリーの特徴と作用、注意点

医薬品に似た清潔な香りがする精油は、キャプテンクック船長が初めてオーストラリアを訪れたとき、先住民たちがティートリーの木の葉でお茶を入れたことから『お茶の木(Tea・tree) 』 という名前が付けられた歴史があります。
世界で初めてティートリーの薬効を見抜いたのはほかでもなく彼らです。ほかの地域の人々が役立たずの木と考えていたとき、彼らはこの木の葉を利用して感染症や切り傷を治していました。殺菌消毒作用に優れ、傷薬として第二次世界大戦中には熱帯地方の軍隊の救急用品に加えられました。もちろん、気分のリフレッシュにも役立ちます。

心への作用は、ショックで落ち込んだこころを元気にさせます。

体への作用は、強力な殺菌作用をもち、.体内の毒素を汗として排出します。免疫力を強化して感染症を追い払い、病気を早く治します。歯肉炎や下痢、胃腸炎、膀胱炎、脛感染のほか、虫さされで生じるかゆみにも効きます。のどの腫れやせきを緩和します。

肌へは、浄化力が強く、切り傷やにきびを緩和したり、日焼けした肌を落ちつかせます。水虫、うおの目、足の悪臭にはこの精油を使った足浴が有効です。

注意点は、肌の敏感な部分に使用すると刺激を感じることがあります。
>>>ティートリーの精油一覧はこちら。

ゼラニウムの特徴と作用、注意点

ほのかにローズの香りがする、甘くフレッシュな芳香のゼラニウム精油の原料は、アフリカ原産の植物ペラルゴニウムです。ペラルゴニウムは700以上の種類があり、そのなかでもP.odorantissimumとP.graveoelensの精油がアロマテラピーで使われています。P.odorantissimumは、かすかにリンゴのような香りを放つこともあります。苦から、傷口や肌のさまざまなトラブル、さらには下痢、腹痛の治療に利用さてきました。
殺虫効果があるので虫よけにも効果があります。また、成分がローズに似ていることから香水や石鹸にも用いられます。

心への作用は、緊張をやわらげて、こころを明るく高揚させます。不安やストレスを緩和させます。

体への作用は、ホルモンの働きを調整するので、生理痛や生理不順、更年期のさまざまな症状の改善に役立ちます。利尿作用もあり、体内の毒素を排出して、むくみなどの予防にも効果を発揮します。

肌へは、アルコール成分を少し含み、皮脂のバランスを整えるので、どんな肌タイプにも使えます。殺菌作用があり、にきびにも有効です。湿疹ややけど、しもやけを好転させます。

注意点は、敏感な肌には刺激をおよぽすことがあります。妊娠中は使用を避けます。
>>>ゼラニウムの精油一覧はこちら。

スウィートオレンジの特徴と作用、注意点

柑橘系ならではの、甘くフレッシュな香りのスイートオレンジの精油は、オレンジの果皮を圧搾して抽出します。

オレンジは、食品としても馴染みの深いもので身近です。同じオレンジの木の花と葉からはネロリ、プチグレンの精油が採れます。ギリシャ神話のなかで、女神アフロディーテにささげられた黄金のリンゴとは、じつはオレンジだったといわれます。

少なく高価だったため、ヨーロッパでは17世紀まではほとんど使われることはありませんでした。その後、オレンジの精油はうつ病、心臓疾患、腹痛などの症状に活用され、誰からも好かれる香りは不眠症の改善にも役立っています。

心への作用としては、オレンジの香りは落ち込んだ気分を明るくして、不安や緊張をほぐします。リフレッシュしたいときや、からだにエネルギーを与えたいとき、眠りたいのに眠れないときにおすすめです。

心への作用は、消化器系の調子を整えるので、腹痛や胸やけ、食欲不振に有効。便秘と消化不良には希釈したオイルで腹部のマッサージが効果的です。

肌には、収れん作用があるので、キャリアオイルやクリームに混ぜてフェイシャルマッサージをすると肌が元気になります。

注意点は、刺激を感じることがあるので、キャリアオイルとブレンドする場合も低濃度にしてブレンドします。使用後6時間は日光に当たらないように注意します。

スウィートオレンジの精油一覧

ジュニパーベリーの特徴と作用、注意点

ウッディーでさわやかな精油の香りはサイプレスにも似ていますが、ジュニパーベリーのほうがシャープでビリッとして爽やかです。
ジュニパーの木は小さな黄色の花を咲かせ、青色または黒色の液果を実らせます。精油は液果、葉、枝から採れるジュニパーと、液果のみから採れるジュニパーベリーの2種類があります。ジュニパーには、利尿作用と殺菌作用があり、コレラや腸チフスのような伝染病の治療に大きく貢献してきました。フランスの病院ではジュニパーとローズマリーの枝を焚いて病室の空気の浄化に役立て歴史があります。
心への作用としては、疲労した精神をリフレッシュして、ものごとにチャレンジしていく強い精神状態を保ちます。
体への作用は、とくに利尿作用は定番で、お酒を飲み過ぎたり、こってりとしたものを食べ過ぎたときに生じる毒性物質を排出させるのに役立ちます。食欲を正常に戻し、肥満の解消に役立ち、リウマチや痛風の痛みをやわらげます。

肌への作用は、収れんと洗浄効果があり、にきび、脂性肌、シェイプアップやセルライトの緩和には、このオイルでマッサージを行うといいでしょう。

注意点は、長期の使用は控えます。腎臓障害や体内に炎症があるとき、妊娠している際には、使用を控えます。
ジュニパーベリーの精油一覧

サンダルウッドの特徴と作用、注意点

甘くエキゾチックで心地よい木の香りがします。精油として使われるのは木部の内奥部分(心材) で、サンダルウッドの樹齢60年ほどの成熟した木を使います。
いちばん質のいい木はタンスなどを作るのにも使用され、削り残りである心材が蒸留されます。最上の品質の精油はインドのマイソール産のものになります。
サンダルウッドの木はインドでは寺院や家具を作ったり、薫香として鎮静作用のある香りは瞑想などに利用されてきました。今でも宗教的儀式に使われますが、近年は樹木が希少になり、精油を蒸留するためにだけ使われています。

心へは、神経の緊張と不安をやわらげ、気分を鎮静させます。心配事があって眠れないときなどは、こころをリラックスさせて充実感に満たしてくれます。催淫作用があるのでセクシーな気分にさせる力もあります。

体への作用は、のどの痛みをやわらげ、せきを鎮めてくれます。膀胱炎や胸やけ、下痢の症状を緩和します。

肌へは、柔軟にする効果があり、香りが甘く持続するため化粧品によく使われます。かゆみをおさえて炎症を緩和したり、にきび、乾燥肌にも作用します。

注意点は、抑うつ状態のときは使用を控えます。衣類につくと香りがなかなかぬけないので取り扱いに注意します。

サンダルウッドの精油一覧は、こちら。

サイプレスの特徴と作用、注意点

さわやかでスパイシーなすっきりとした香りが特徴です。サイプレスは、円錐形をした丈の高い木で、腐朽しっらい材質から、かつては十字架が作られるときに使ったという言い伝えもあります。ギリシャの島々の庭園と墓地でなじみが深く、キプロス島はこの木が崇拝されていた島として命名されました。また、古代ギリシャではサイプレスを浄化のために薫香として焚き、呼吸器系症状の治療に使ったといいます。その香りはせきや気管支炎、のどの腫れを楽にすることで知られ、精油は子供の百日ぜきを治す薬剤の成分として利用されてきました。

心には鎮静作用があり、おしゃべりで興奮しがちな人、イライラしがちな人には怒りをやわらげて気持ちを落ちつかせる作用があります。

体には、体液のバランスを整えて出血、重い生理、発汗の抑制、とりわけ足の発汗過多に有効です。ホルモンのバランスを整え、更年期のつらい症状をやわらげる作用があります。

肌には、体液のバランスを整えて、肌の衰えを防ぐ効果があります。収れん作用があるので汗をかきやすい脂性肌に向きます。女性に多いセルライトにも有効です。

注意点としては、高血圧の人は使用を避けます。生理の周期を正しくする働きがあるので妊娠中は使用を控えます。

サイプレスの精油一覧はこちら。

クラリセージの特徴と作用、注意点

頭痛や生理痛などの痛みをやわらげこころのバランスを整える「クラリセージ」は、葉にも萄にも強く甘い芳香があり、イギリスではビールを醸造するときのホップにも代用されていました。かつて「キリストの目」 と呼ばれ、目を清浄する粘液を出す性質が利用されたためでしょうか、「清浄な」ぁるいは「明るい」を意味するラテン語の「クラルス」から名前が由来しています。
その精油はほんの少量で効果を発揮し、精神をリラックスさせて幸福な気持ちをもたらしてくれます。近年は医療のためでなく、香水の成分として使われることが増えています。セージとは同じシソ科ですが、精油の性質はまったく異なります。

心への作用は、気が張って落ちつかないなど、ストレスや不安におそわれたとき、神経の緊張をやわらげて感情の高まりを鎮めてくれます。
体への作用は、精神的なストレスが原因と思われる筋肉のこりや痛み、頭痛を緩和させます。病後の体力回復にも効果があります。また、ホルモンのバランスを調整して子宮の強壮剤となります。
肌へは、頭皮のトラブルに有効で、脂っぼい髪をさっぱりとさせてフケをおさえます。炎症を起こした肌やむくみにも効果的です。
注意点は、鎮静効果が高いので、車の運転前やアルコールを飲むときは使用しないように注意します。妊娠中の使用も避けます。
クラリセージの精油一覧はこちら。

イランイランの特徴と作用、注意点

熱帯の花の香りは感情の高ぶりを鎮めて幸せな気持ちをもたらす「イランイラン」は、甘く重いエキゾチックな花の香りが特徴です。原料となるイランイランノキは熱帯の樹木の一種で、黄色、ピンク、藤色の花を咲かせます。木からぶらさがって咲く花の美しさをたたえてマレー語の〝アランイラン″(花々の中の花) からその名がついたそうです。とくに黄色の花から最初に抽出される精油が品質に優れ、苦から香料の木としても有名で、精油はココナツオイルと混ぜて整髪料に使われてきました。オリエンタルな花の香りは催淫作用があるとされ、インドネシアでは新婚カップルのベッドにイランイランの花びらを撒く風習もあるそうです。
作用は、心には精神的ショックを鎮め、喜びの感情を呼び戻します。ストレスを感じるときや不安、怒り、恐怖などの激しい感情におそわれたときに利用すると、ゆっくりとこころをときほぐす作用があります。
体への作用は、興奮しているときなどの速い心拍を正常に戻すのに有効で、上昇した血圧を低下させます。また、ホルモンのバランスを整え、生殖に関する機能に働くほか、殺菌、消毒作用もあります。
肌への作用は、皮脂の分泌を調節することから、乾燥肌にも脂性肌の両タイプに利用できます。髪の成長も促し、ツヤやコシを与えます。
注意点は、過度の使用で吐き気や頭痛を起こすことがあります。敏感肌や妊娠初期の使用は避けます。
イランイランの精油一覧はこちら。