ブラックペッパーの作用

辛味のあるスパイシーで鼻にツンとくる香りは刺激を与えて、からだをほかほかに温め、感染症や吐き気、風邪の症状を緩和します。
乾燥させて香辛料として調理に使われるのが主流です。精油は低濃度で使用し、敏感肌の人は使用を避けます。主な作用は、循環器系強壮作用、消化促進作用、抗鰊作用、鎮痙作用、催淫作用などがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください