シナモンの作用

スパイシーでほのかに甘く香るシナモンは、古くから存在するスパイスです。疲労が蓄積したときや衰弱しているときに役立ちます。
また消化不良や腰痛に効果的。肌へはマイルドな収れん作用があります。大量に使わず、妊婦は使用を避けます。代表的な作用は、駆虫作用、催淫作用、健胃作用、強心作用、止血作用、刺激作用などがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください