安息香(ベンゾイン)の作用

安息香の主な産地はタイ、ラオス、ベトナムの高原地方を中心とするインドシナ半島とインドネシアスマトラ島です。
甘いバニラのような香りが特徴の安息香は、香料として利用されてきました。体への作用としては、体内の循環を促してからだを健康に保ちます。また、乾燥肌にうるおいとハリをもたらし、炎症を起こした肌を修復し、肌荒れなどを改善します。ストレスを緩和して眠気を誘うので、集中力が必要なときは使用を避けましよう。
代表的な作用は、強心作用、鎮静作用、頭脳明噺作用、利尿作用、収れん作用、消毒作用です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください