キャロットシードの作用


キャロットシードのエッセンシャルオイル(精油)の原料植物は、野菜としておなじみのニンジンの種類に入ります。1.5メートルほどにも生育する種類のもので、食用には適してい
軽い甘さがあり、からだの浄化作用に優れます。古くから医薬的な価値をもつ精油として高い評価を受けています。
現在ではガンの治療に用いられることもあるほどです。肌への作用は、老化からくるしみやシワを防いで肌にハリと弾力を与えます。
注意点としては、妊娠中は使用してはいけません。代表的な作用は、強壮作用、強肝作用、細胞成長促進作用、刺激作用、浄血作用、通経作用です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です