精油の選び方

お店では、たくさんの精油が販売されていますが、精油を選ぶときに最も大切なことは、それが芳香植物から抽出された、天然のものであることです。ポプリオイルなどと混同しないように注意します。
そのためにも、信頼できる店で、信頼できるメーカーのものを選びます。初めてなら、正しい知識をもったアドバイザーに相談するのがおすすめです。
自分で選ぶ場合には、品名、学名、抽出部位、抽出方法など、表示に最低限必要なことが書いてあるかをチェックします。また、「輸入元」や「取り扱い注意」もきちんと記載されているか、輸入品なら日本語表示がされているかも大切なポイントです。
精油のビンは遮光性のあるガラス製で、できれば1滴ずつ落とせる内ぶたがついているものがよでしょう。慣れないうちは、こうした製品を選ぶようにします。
店頭で香りを試すときは、ビンから直接香りを嗅がずに、空気に少し触れさせてから鼻先で香る程度にするか、ムエット(試香紙)につけて確かめます。
このときの香りが使用したときの香りに近くなるからです。精油にはたくさんの種類があり、香りも効果もさまざまで、選ぶのにとても迷います。

香りを心地よく感じることがアロマテラピーにおける重要課題ですから、明確な使用目的がないのなら、まずは自分の好きな香りを見つけて使ってみるといいでしょう。徐々にひとつひとつの精油の特徴がわかってきたら、2種3種とブレンドして効果を高めてくとよいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください