スキンケア」カテゴリーアーカイブ

スキンケア

精油のもつ素晴らしい力は、伝統的に古くから肌のお手入れにも利用され、美肌効果は広く知られています。有名なエピソードには、ハンガリーの女王が70歳代のときにローズマリーウオーター(化粧水) で若さを取り戻し、ポーランドの国王から求婚されたというものや、クレオパトラは、美しい肌を保つためにバラの香水風呂を愛用していたという歴史もあります。
精油には保湿作用、抗酸化(老化を防ぐ)作用、収れん作用などの働きがあるほかに、心身をリラックスさせる効果もあります。その結果、血行が促進されて新陳代謝が活発になり、体内に取り入れられた酸素や栄養素が充分に運ばれるという相乗効果が期待できます。手作りの化粧品なら自分の好きな香りが楽しめ、しかも防腐剤や添加物を使用しないので安全・安心でもあります。
肌の状態に合わせて上手に用いることで、さまざまな肌のトラブルを改善し、内面から美しさを引き出してくれる点が特徴です。

フェイシャルスチーム

肌に香りのスチームを当てて毛穴を開き、洗顔だけでは落としきれない毛穴の汚れや老廃物を取り除く美容法です。洗面器に熱湯を入れます。お湯の温度が高すぎると精油はすぐに蒸発してしまうので、1~2分間冷ましてから精油を1~2滴落とします。あとは途中で差し湯をしながら5~10分間蒸気を顔に当てるだけ。
蒸気が逃げないように頭からバスタオルをかぶり、必ず目を閉じて行います。終わったら冷たい水で顔を洗って毛穴を引き締めます。
使用する精油は、肌が乾燥ぎみのときはサンダルウッドやローズ、ベチバー。脂っぼさが気になるときはゼラニウム、イランイラン、ジュニパーベリー。くすみや老化が気になりだしたらゼラニウムやラベンダーを。
これはドライハープでも利用できます。ハーブは5g~10gを洗面器に入れて熱湯を注ぎ、ふたをして1~2分間待ち、精油と同様に蒸気を当てます。
フェイシャルスチームは、洗顔のあとに、週1回くらいのペースで行うといいでしょう。肌の弱い人は時間を短くしたり、肌の様子を見ながら行います。香りを強く吸うので好きな香りを選ぶことも大切です。
また、ときどき口を半開きにして呼吸をすると、のどや鼻がすっきりするので、風邪をひいたときにもおすすめです。

フェイシャルパック

カオリンを使った手作りのパックは、肌が疲れて肌色がくすみがちなときに、毛穴や皮膚の汚れを取り除いて栄養を補給してくれます。
パックは、基本的にカオリンなどの鉱物に、キャリアオイルと精油を加えて作ります。カオリンとは天然の長石類の風化物で、白色の粘土のような鉱物です。
薬局で購入できます。カオリンは肌の汚れを引き出し、血行を促して活力を与える力がありますが、ニキビ肌の人には向きません。
また、敏感肌や乾燥肌の人はモンモリオナイトという陶土がおすすめです。ひんやりとした感触で、一度使うと手放せなくなりそうな心地よさも評判です。
使い方は、まず洗顔後、水気を拭き取った肌に目と口のまわりを避けて顔全体に均一に塗り、5〜10 分ほどしてパックが乾いたら、ぬるま湯で洗い流します。フェイシャルスチームと併用するときは、スチームのあとに行います。週1 回のお手入れで充分です。肌を清潔にして引き締め、透明感をもたらします。

フェイシャルマッサージ

フェイシャルマッサージは表情筋をほぐし、疲れをやわらげて、イキイキとしたハリのある素肌を取り戻します。
肌の栄養状態がよくなるので、組織の働きを高めて抵抗力を強化してくれます。顔は血管や神経、リンパ管の分布が発達していて、どの流れも耳の周囲に集まり、首の横を通っています。
マッサージはこの流れと筋肉に沿って行います。顔の中心から外側へ、下から上へ向かうようなつもりでやさしく指先を動かします。
マッサージが終わったらオイルは拭き取らないで、朝までじっくりと成分を浸透させます。油分が気になるときはティッシュペーパーで余分なオイルだけを取ります。マッサージオイルは化粧水をつけたあとに、毎日使ってもかまいませんが、精油の希釈濃度は0.5%以下にします。鼻の近くにつけるものなので、香りの強いローズなどは、より低い濃度にします。必ずバッチテストをしてから使います。

石鹸

市販の無香料、無着色の石けんに精油やドライハープを加えて作るボディ用手作り石けんは、合成香料や防腐剤が入らないので、アレルギーや敏感肌の人にも喜ばれます。
肌への刺激が少なく、簡単に作れて色や形も自在に楽しめます。さらに、モチがよく、最後まで香りが消えないのも魅力です。香りを楽しむインテリアとして利用してもいいでしょう。下着ケースなどの中に入れて置いてもよいです。
石けんに使う精油は、ローマンカモミール、ゼラニウム、ラベンダー、ネロリ、ローズが人気です。肌質によって加える精油を変えるとより効果的に使えます。殺菌効果が強く、肌を引き締めてハリをもたらすラベンダーは、とくに脂性肌や吹き出物ができやすい肌に向きます。敏感肌や乾燥肌にはローマンカモミールやネロリ、しみやくすみが気になる肌にはゼラニウム、老化が気になる肌にはローズやサンダルウッドがおすすめです。オートミールや米ぬかを混ぜたり、ラベンダーの花などハーブをそのまま練り込んでもいいでしょう。

ローション

精油の香りとホホバオイルの栄養分を合わせた、肌に穏やかな手作りのローション(化粧水) です。
クレンジング後の拭き取りや、メイク前の収れん用などに安心して使えます。精油は肌質によって変えるのが効果的です。
普通肌には健康的な肌を作るゼラニウム、脂性肌にはラベンダー、乾燥肌にはローマンカモミール、敏感肌にはローズ、老化が気になる肌にはネロリがおすすめです。
乾燥肌、敏感肌、老化肌は精油の量を1滴に、脂性肌はホホバオイルの量を1mlに減らします。ローションは朝晩の洗顔後に、コットンにたっぶり含ませてパッティングしながらつけます。手作りのローションは防腐剤などが何も入っていないので生ものと同じです。ローションに使う水は水道水は避けてフローラルウォーターや精製水、ミネラルウオーター(飲用)を使用します。作るときの器具や保存容器は、清潔でオイルに対応するものを使います。冷蔵庫に保存して約1週間で使い切ります。

クリーム

唇の荒れや手手足のかさつき、軽いひび割れなどには、クリームを使います。クリームを作るときには、ピーワックス(蜜ろう)を使用します。
ピーワックスは蜜蜂が巣を作るときに出す天然のワックスで、皮膚を柔軟にする成分や保湿を促す成分が含まれます。抗菌作用があるので台所での小さな傷ややけど、虫に刺されたときに塗っても効果的。クリームはピーワックスとキャリアオイルをベースに、精油を加えて作ります。ピーワックスとキャリアオイルの比率を変えれば、作り方は同じで粘性の違うクリームが作れます。

シャンプー

手作りシャンプーは、頭皮に負担をかけることなく、健康な髪を保つことができます。シャンプーの基材は市販の無香料のシャンプーを用意そこにキャリアオイルと精油を加えます。精油は頭皮のトラブルを改善するローズマリーなどがおすすめ。洗い流すので濃度は多少強くても大丈夫ですが、基本は1%です。一度にたくさん作らず、2~3回分ずつ作ります。

リンス

手作りのリンスはシャンプーと同様、使い続けるうちに頭皮が自分でバランスを取れるようになり、どんな髪にもツヤがでるようになります。
リンスはお酢(ビネガー) に精油を加えて作ります。シャンプーのあと、お湯を入れた洗面器にリンスを10~20 ml ほど加えてよく混ぜ、髪全体になじませるようにかけます。洗い流す必要はありません。
枝毛、抜け毛、フケなどのトラブルを解消して養毛効果も期待できるので男性にもおすすめです。また、リンスの代わりに、洗面器にお湯を入れ、ローズウッドやローマンカモミールの精油を2~3 滴落としたものに髪をつけて、すすぐだけでも有効です。