月別アーカイブ: 2012年9月

ローマンカモミールの特徴と作用、注意点

名前の由来が「地面のリンゴ」というギリシャ語で、リンゴに似たフルーティーな香りをもつローマンカモミール。古代エジプトでは、熱病や神経に関わる病気を治療するのに、このハープを利用していた歴史があります。
また、髪を美しくするため、シャンプーの原料として長い間、愛されてきました。いっぽう、病気の植物の近くに植えれば、植物が健康を取り戻すことから「植物のお医者さん」とも呼ばれています。精油には、抗炎症成分であるアズレンが含まれています。現在もヨーロッパでは民間治療薬として人気が高くその作用に注目が集まっています。

心への作用は、緊張感や不安、怒りなどを鎮め、こころを穏やかにしてリラックスさせてくれるため、憂うつな気分のときや眠れない夜などに利用するのがおすすめです。また、生理前のなんとなくイライラとした気分にも効果があります。

体への作用は、鎮痛作用があるので、頭痛や歯痛、鈍い筋肉痛などに役立ちます。また、女性に多い貧血、生理痛や生理不順、更年期のさまざまな症状にも有効です。
その作用から女性特有の症状に使用されるケースが増えています。

肌への作用は、にきびや皮膚の炎症、やけど、虫刺されによいとされています。また、デリケートな肌やアレルギー症状にも効き目があります。

注意点は、妊娠中の使用は控えます。

ローマンカモミールの精油はこちら。

ローズマリーの特徴と作用、注意点

クリアで体の奧までしみ通るような、スーツとした強い香りのローズマリー。その名は、ラテン語の「海のしずく」といぅ意味の言葉に由来しています。
海岸沿いでいきいきと育ち、淡いブルーの花がしずくのように見えるからことから名付けられました。
古代ギリシャなどでは、木や葉を悪霊を払う薫香に使ったり、虫よけとして利用していました。肉を保存するためにも使われていますが、肌を若返らせることでも有名です。
ハンガリーのエリザベート王妃は、高齢になってからローズマリーウオーターで毎日顔を洗い、やがて見るからに若々しい姿を取り戻したといわれています。

心への作用は、ローズマリーの香りは、脳細胞に働きかけて、記憶力を増進させる役目があります。眠気をさますような刺激的な香りなので、運転中に使うと効果的です。

体への作用は、頭痛と偏頭痛に効き、軽いめまいにも有効です。利尿作用もあるので、生理時の体内の水分の滞留解消や、むくみ対策にも利用できます。

肌への作用は、強い収れん作用をもっているので、たるんだ皮膚や腫れにも効果を発揮します。また、頭皮の障害を改善します。

注意点は、きわめて刺激が強いので、高血圧やてんかんの人には不向き。また、通経剤ですから妊娠中の使用は厳禁です。

ローズマリーの精油はこちら。

ローズウッドの特徴と作用

ローズの香りをウッディ一系にしたような、ライトスパイシーな甘い香り。バラの香りに似ていることからローズウッドと呼ばれています。
しかし、原料はバラとはまったく異なる植物です。その木はフランスでは飾り棚、ブラシやナイフの柄に使われていました。
精油はブラジルの熱帯雨林で見られる常緑樹の心材から抽出しますが、木の絶滅を防ぐため、1本伐採するたびに1本植樹しなければならない法律ができています。
香水には古くから利用されていますが、アロマテラピーに用いられるようになったのは、つい最近のことです。

心への作用は、気分が滅入っているときや、いろいろな問題を抱えて落ち込んでいるときなどに、気持ちを明るく切りかえる作用があります。また、催淫作用もあるとされ、眠っていた官能を目覚めさせます。

体への作用は、殺菌、消毒作用でのどを健やかに保ちます。吐き気を伴うような頭痛、あるいはジェットラグ(長時間ジェット機で移動する際の心身の特別な疲労)の症状を軽くする力があります。

肌への作用は、細胞を刺激し、組織を新しくするエネルギーがあるので、切り傷や炎症に有効。乾燥肌、敏感肌にも使えます。また、バランスを整えて加温する作用は、老化してきた肌やシワ対策として用いられます。

ローズウッドの精油は、こちら。

ローズの特徴と作用、注意点

花の定番的代表で香りの女王と呼ばれるローズ。深くて甘い優雅な香りは、特徴的で幸せな気分にしてくれます。長い間、「愛と純潔」の象徴とされてきました。また、その花の美しさは、イギリスの貴族の紋章にも使われた歴史があります。
ダマスクローズから取れるローズオットーは「精油の女王」といわれ、貴重で高価。精油1滴を作るのにバラの花が約50本必要といわれます。レッドローズは「薬屋のバラ」という別名をもち、中世に肺疾患やぜんそくの治療に利用されました。ローズの精油は現在でも不老長寿の妙薬、若返りの薬とたたえられています。

心への作用は、情緒など精神面への働きかけに優れます。悲嘆、嫉妬、恨みなといった、マイナスなこころの状態をほぐすのに役立ちます。気分を明るく高揚させ、前向きで肯定的な感情を呼び起こします。

体への作用は、ホルモンのバランスを整え、生理の周期を正常にしたり、さまざまな性的障害を改善します。血液の循環を活発にして、毛細血管の働きを強化します。更年期障害にも有効で、かつ女性らしい感性を引き出します。

肌への作用は、ほとんどの肌タイプに有効ですが、とくに老化してきた肌や乾燥肌、敏感肌の人に有効です。

注意点は、通経作用があるので、妊娠中は使用控えます。

ローズの精油はこちら。

レモングラスの特徴と作用、注意点

さわやかで、レモンより香りが強いのが特徴です。かなり鮮烈な芳香で、デオドラント効果に優れています。レモングラスは、草丈が約90 センチほどのイネ科の植物で、インドでは数千年にわたって愛用されてきました。その精油は「インドバーベナ油」「インドメリッサ油」と呼ばれ、解熱剤や感染症、腫瘍の進行をくい止めるのに役立つ薬として使われていました。精油中のシトラールという成分は、化粧品や香水、洗剤や石けんの成分として価値の高いもの。西インド諸島で生産されるものが、いちばん品質がよいといわれます。

心への作用は、こころを刺激し、精気を回復させる働きがあります。また、精神を高揚させて、こころにエネルギーを与えてくれます。元気がでないときに使うと効果的です。

体への作用は、副交感神経の働きをバックアップし、食欲促進、消化不良や胃腸炎に作用します。また、乳酸を除去するので、筋肉疲労や足の疲労によるむくみなども改善する働きがあります。激しい運動をした後には非常に効果的です。

肌への作用は、皮膚にハリを与えます。開いた毛穴を引き締め、にきびをきれいに治し、皮脂の分泌バランスを整えます。

注意点は、かなり作用が激しいので、敏感肌の人は容量を少なく。必ずパッチテストを行ってから使いましょう。

レモングラスの精油はこちら。

レモンの特徴と作用、注意点

フレッシュで、きりっと引き締まった香りがするレモン。柑橘類の果実を意味する、アラビア語「ライムン」とペルシャ語の「リムン」から名づけられました。
昔は、さまざまな病気の原因となる昆虫による刺し傷に対する消毒剤として使われ、当時最も怖い病気のひとっ、マラリアさえも治すのに役立つと信じられていたほどです。
エジプト人は、肉や魚による食中毒を防いだり、チフスなどの疫病を解毒するものとして、レモンを利用していたそうです。また、長い間、ビタミンCの補給源としても重宝されていました。

心への作用は、リフレッシュ効果が高いので、興奮したときや気分転換をしたいときにぴったりです。少し興奮気味のときに役立つでしょう。頭をスッキリさせて、集中力や記憶力を高めたいときにも有効です。

体への作用は、血液の流れを促し、高血圧を低下させます。消毒性があるので、発熱を伴った風邪に効果的です。

肌への作用は、古くなった角質を取り去って、くすんだ肌色を生き生きとさせます。また、にきびや吹き出ものをおさえる働きがあります。美白には欠かせないビタミンCですので、肌への効果は期待できます。

注意点は、敏感肌には刺激が強すぎるので、注意が必要です。使用する場合には、量に気をつけたり、キャリアオイルやほかのオイルとブレンドします。

レモンの精油はこちら。

ラベンダーの特徴と作用、注意点

ラテン語で洗うという意味の「ラワーレ」から名づけられたラベンダーは、アロマテラピーで最も広く利用される万能精油のひとつです。初心者は、知識がない初心者が「心地よい」と感じやすい香りが特徴です。ウッディーな基調のフローラル系で軽い甘さがすがすがしく、幅広く愛される香りです。ラベンダーは初夏に紫色をした小さな花を咲かせ、花や菓は、昔から虫よけや消毒用として使われてきた定番でした。
ローマの人々は浴槽に入れて沐浴し、傷を洗うのに利用した歴史もあります。
蒸留水であるラベンダーウオーターは、イギリスのエリザベス朝時代には、肌のバランスを整える化粧水や香水としてたくさんの女性に愛用されていました。

心への作用は、中枢神経のバランスをとる働きがあります。ストレスからくる緊張をほぐし、怒りをやわらげて疲労を回復させます。

体への作用は、高い血圧を下げ、呼吸を整え、不眠症を改善します。呼吸器系の障害や生理痛などにも効果的です。

肌への作用でやけどに有効だというのは有名な話。新しい細胞の成長を促し、皮脂の分泌のバランスをとる働きがあるので、さまざまな肌の状態に効果を発揮します。

ラベンダーは、眠れない時の緊張をときほぐす定番のアロマです。
眠れないなぁ~と感じた初期の状態で使うと非常に効果が高くリラックス効果を感じやすいアロマです。

生理痛など痛みがあり、眠れない場合は、カモミールがおすすめです。

注意点は、低血圧症の人の中には、ラベンダーオイルを使用したあとに、感覚が少し鈍くなってうっとりと眠くなってしまう人もいます。また、通経剤なので、妊娠初期の数か月間は使用を控えます。

ラベンダーの精油はこちら。

ユーカリの特徴と作用、注意点

ミント系のシャープでクリアな香りが特徴のユーカリ。その原料となるユーカリの木は世界で最も背の高い木のひとつで、コアラの好物で有名な丈夫な葉をつけます。
オーストラリアの先住民の間では民間薬としても使われていました。悪化したり深い切り傷には、包帯のかわりにユーカリの雄しべを巻いていた歴史があります。
また、体温を下げ、からだに対して冷却作用やデオドラント作用があるために、現在ではさまぎまなタイプの熱病にも利用されています。昔は、チフスやマラリア、水疱瘡などの治療にも利用された万能薬でもありました。

心への作用は、ひどく興奮したときは気持ちをすっきりと引き締め、精神を集中させるのを助けます。また、眠気を防ぐ作用もあるので、運転中に携帯していると便利です。長距離の運転を仕事している人には、最適です。

抗ウイルス作用があるので、流感やせき、ぜんそく、鼻づまりなどに効き、のどの痛みや鼻の炎症をおさえます。とくに花粉症には有効です。

肌への作用は、パワフルな消毒作用と抗炎症作用で細菌の増殖を防ぎ、有毒な動物に喫まれた傷や虫刺され、やけどや発疹などに有効です。

注意点は、刺激的でたいへん強力なので、使う量に気をつけます。高血圧症の人やてんかんを病む人は、使用を控えます。

ユーカリの精油はこちら。

マージョラムの特徴と作用、注意点

マイルドでライトスパイシーな香りのマージョラム。おもな原料となるスイートマージョラムをはじめ種類も豊富なマージョラムは、古代ギリシャやローマではよく知られ、広く使われた薬草のひとつで歴史があります。
新郎、新婦がマージョラムの花の冠をつける習慣もあったといわれます。ギリシャ人たちは、筋肉がけいれんを起こしたときにこの薬草を用い、消毒のために床に撒いたりもしました。現在使われている精油にも、けいれんなどの筋肉痛を緩和する効果があります。また花や葉、茎は喚ぎタバコやパスタ料理、ソーセージ作りにも利用されます。

心への作用は、神経系を鎮静する効果に優れ、孤独感や哀しみなどを癒します。とくに、注意を集中させにくいといった状態のとき、興奮をおさえて気持ちを楽に落ちつかせ
る効果があります。

体への作用は、けいれんなどによる筋肉痛に効果的です。リウマチ痛や関節部分の腫れなどにも効きます。そして、心臓の強壮剤としても有名。高い血圧を下げて、からだ全体をリラックスさせて、頭痛や不眠症にも役立ちます。

肌への作用として血液の流れを促す力に優れているので、挫傷のあとに有効です。

注意点は、眠気をもよおすことがあるので、長時間の使用は避けます。妊娠中も厳禁です。
マージョラムの精油はこちら。

ベルガモットの特徴と作用、注意点

ベルガモットは、ほかの柑橘類より、はるかに甘い香りがします。そして、軽くてデリケートでフレッシュ。レモンやオレンジにはない温かみがあって、ややフローラルなトーンが特徴です。フローラルの香りが好みの人は、気に入る香りです。
名前は、初めてこの木が栽培されたイタリアの小都市であるベルガモに由来しています。
ベルガモットの木は樹高は2 ~3 メートルになり、精油を取る果実は洋なし型で、表面にはブツブツとしたへこみがあります。精油はおもに化粧水やマッサージオイルに多用され、アールグレイティーの風味づけに使われることでも有名です。

心への作用は、鎮静と高揚の作用があり、なんとなくやる気が起きないときや、うつ状態になっているときなどにおすすめです。

体への作用は、泌尿器管系に効果的な殺菌、消毒の働きがあるので、膀胱炎に対して有効です。

肌への作用は、消毒と治癒作用があるので、脂性肌や、ストレスによる湿疹やにきびなどにおすすめです。また、やけどや乾燥しやすい肌にも効果がります。

注意点は、長い時間、多量を肌に使うことは避けてください。敏感肌には刺激が強すぎるので、入浴する場合も少量からはじめます。また、使った直後に直射日光に当たってはいけません。
ベルガモットの精油一覧はこちら。