ハーブ&アロマを活用して腸の緊張をほぐして便秘解消

便秘のの大半はリラックスさせれば改善する

便秘や不眠などの日常の不快な症状というのは、大半が内臓や脳をリラックスさせてあげることで改善します。もともとハーブは体の緊張をほぐすだけでなく腸の蠕動運動を調整し、自然なお通じを促進する作用をが特徴です。
特にストレスが原因の「けいれんせい便秘」にはハーブやアロマが効果的です。毎日飲んでいるコーヒーを数日アロマティーにするだけでも改善してしまうケースがあります。

副作用がない天然ハーブの効果

便秘をしてしばらくするとポツポツと吹き出物ができたりして憂鬱になります。ついつい便秘薬に頼ってしまう人もいるでしょう。しかし、便秘薬に頼ってしまうと本来の腸の蠕動運動が機能しなくなるので、薬を常習しないとでなく排便できなくなってしまう場合があります。
便秘薬は、腸をダイレクトに刺激するので効果はてきめんですが効き目は一時的です。

こちらに便秘の副作用については詳細がありますが、旅行、出張などの日常とは異なる生活の時にだけ使うようにしたほうがいいでしょう。

腸は、朝起床したら蠕動運動を開始するのが正常です。そこでおすすめしたいのが天然のハーブ。ハーブにはもともと胃腸を働きを活発にして便秘を防ぐ作用を持つものが多くあります。便秘薬のような副作用はなく安心して使えるのもストレスがありません。

便秘薬を使うのが当たり前になってしまっている人もハーブの作用を活用して少しずつ正常な排便が行われるように元の腸に戻していくようにします。

便秘はもともとけいれん性便秘と弛緩性便秘の2種類があります。特に現代人や女性に多くみられるけいれん性便秘は精神的ストレスや睡眠不足により腸が緊張することで生じます。ハーブが持つリラックス効果を利用して緊張した腸をリラックスさせるわけです。
リラックスすることにより交感神経の興奮が静まり副交感神経が優位になり胃腸の緊張がほぐれるのです。そうすると自然な蠕動運動がまた復活します。

あなたの便秘はけいれん性便秘?それとも弛緩性便秘?

「けいれん性便秘」と「弛媛性便秘」あなたはどちらのタイプの便秘でしょうか?

「けいれん性便秘」は、トイレに入る余裕がなかったり、精神的なストレスによって直腸が緊張し続けている状態。腸のけいれんによる腹痛を伴い、コロコロの硬い便が出る。「弛緩性便秘」は、運動不足や加齢によって腸がダランとゆるんだところに便がたまるもの。

腹痛などの自覚症状は乏しく、便が最初は硬く、途中から軟らかくなる。若い人にはけいれん性便秘には、刺激の強い薬を使うと激しい腹痛、下痢を起こすケースもあります。
刺激系の市販の下剤をやめ、腸のけいれんを防ぐカモミールやフェンネルのハーブティーから試すのがおすすめ。特にカモミールは、胃に対しては保護作用、腸に対してはぜん動運動を整える作用があり1香りにはリラックス効果がある万能のハーブです。入浴剤のカモミールなどは冷えに効果的です。

ただし「急に下剤をやめるとお通じが悪くなるので、最初は下剤を減らし、ハーブと併用するのがおすすめ。一方、弛緩性はセンナ大黄など天然の刺激系の下剤や食物繊維の一種サイリウムなどを使用することが多いのですが、適度な運動や食生活の改善など根本的な対策も欠かせない。この場合、腸の蠕動運動を高めるスパイス系、ハーブをお茶や料理に併用することでより効果的。
サイリウムを活用した便秘解消食品としてイサゴールが有名で便秘解消に評判のいいものでトクホに認定されています。

コーヒーをハーブティにかえる

ハーブティーはいつ飲んでもいいのでけいれん性便秘の人は特にコーヒーをリラックス系のハーブティーに変えるだけでも腸へのストレスは半減します。昼間の仕事でかかえたストレスを夜に解放することで朝、快便につながります。

症状別ハーブの効能

  • カモミール
    薬効が広く、味もよく、リンゴのようなさわやかな香りの家庭常備ハーブの代表。自律神経に働きかけてストレスや不安を緩和させるリラックス作用と消炎作用のあるアズレンなどの成分が胃に働きかける、という2つのルートが相互に作用し、「万能ハーブ」と呼ばれるほどの薬効を期待できる。
  • フェンネル
    腸のぜん動運動を整える働きがあり、けいれんによる腹痛や下痢を和らげたり、逆にぜん動低下による腹部の旋満や便秘を解消してくれるハープ。お腹がゴロゴロ鳴る、便通が安定しないといった過敏性腸症候群の人にも向く。腹痛が起こりそうなときや、やむをえず下剤を使うときに併用すると腹痛を和らげる。
  • レモンバーム
    消化促進の働きに加え、悲しみ、心配を和らげ、気持ちを明るくしてくれるハーブとして知られる。トラブルやストレスによる頭痛や腹痛に効果あり。睡眠は腸の正常な働きに大きく影響するので、夜、眠る前に活用したい。酸味がなく、多くのハーブと調和するのでほかのブレンドでもok
  • バジル
    イタリア料理に欠かせない「香草の王様」。その芳香には気持ちを上向きにする効果があり、人と会うのが億劫だったり、イライラや物忘れが気になるときに有効。不眠にも有効なので、睡眠不足による便秘のときは活用するとよい。ニッキが入った紅茶のようなのみやすい風味。
  • ミント
    清涼感ある香りが特徴。豊富な精油を含み、イライラを沈めて精神を安定させる。腸のぜん動運動を調節し、お腹の張りが気になる人にも効果的。ただし体を冷やすので冷え性の人はのみ過ぎに注意。フレッシュ(生)ミントティーは朝のリフレッシュに、ドライミントティーは脂っこい食事の後のすっきりしたいときにも有効。
  • タラゴン
    フランス料理によく使われるスパイスで、ヨモギに似た独特の強い香りが特徴。味は、やや辛みがある。消化不良などの消化器系に効くほか、食欲増進も促す。葉はヨードミネラル、ビタミンA、C を含んでいる

エッセンシャルオイルを使うなら

鼻腔と皮膚から有効成分を吸収

エッセンシャルオイル(精油)は、ハープなどの植物から抽出した100% 天然オイル。その香りを楽しむ芳香浴はリラックス効果が高く、腸にも間接的に働きかけてくれませす。「香りには精油から揮発した有効成分が含まれて香りが鼻の嗅覚神経から脳の自律神経系の中枢に伝わって作用します。
芳香浴よりもダイレクトに作用するのがアロママッサージ。精油をマッサージ用のキャリアオイルで1〜2% に希釈して、お風呂上がりに床や畳など硬めの場所に寝転び、オイルを少しずつ手にとって10〜15分かけてゆっくりとお腹をマッサージする。特にミントは腸の動きを活発にする作用があり、効果的です。
ミントの精油を垂らしたお湯の中にタオルをつけて、それをお腹にのせる「ミントシップ」は古くから病院で用へられ、軽い腸閉塞くらいは改善します。良い香りに包まれてのマッサージなら毎日続けられ、ストレス発散にもなるよい機会になります。
精油でおすすめは、カモミール、ラベンダー、スイートオレンジ。いずれもリラックス効果が高い精油。カモミールやネロリは高価なので、お部屋に1滴垂らして置くよFうな使い方がベター。量を使うアロマバスにはラベンダー、スイートオレンジがおすすめ。

品質にこだわったオーガニックハーブ&サプリメントなら香詩苑

消臭、防虫

精油は、香りを生かしたさまざまな不快な症状を改善することができますが、消臭、防虫などにも効果があります。
室内はもちろん、湿気りやすいタンスの中や浴室などはいつも心地よく清潔に使いたい場所です。
タバコやペットの臭いが気になったり、押し入れの中が湿気っぽいと掃除に手間もかかります。
さまざまな要因が重なるとダニやカビが発生するなど、人体に悪影響を及ぼす危険さえ出てきます。アレルギーなどの原因になるケースもあります。
精油を使うことで化学合成物質ではなく植物の力でこれらを解消するのがおすすめです。。ユーカリ、ティートリー、サイプレスなどの精油には殺菌作用があるので、空気中に拡散させると、室内の空気を浄化して殺菌と消臭をしてくれます。
掃除機の中のゴミ袋に精油を1~2滴落としたり、手作りの防虫スプレーを作ってもいいでしょう。精油を染み込ませたシナモンスティックを洋服ダンスの中につるすのも防虫効果があります。浴室のカビよけにはアルコールとサイプレスを混ぜて作るローションが役立ちます。

おすすめの精油は

防虫、消臭、殺菌用ローション

シトロネラ、レモングラス、ゼラニウム、サイプレスのいずれかを10~15滴+無水エノール5ml+精製水45mlを使用。
無水エタノールに好みの精油を混ぜて精製水を加えます。これをスプレー式の容器に入れて使用直前によく振ってから使用します。
精油は単品でも2~3種類をブレンドしてもいいでしょう。タンスに敷く紙の裏に吹きつけます。マイカーの消臭や殺菌にも便利です。

精油の原液

ユーカリ、ティートリー、ラベンダー、イランイラン、グレープフルーツ、スイートオレンジのいずれかを1~2滴使用。
掃除機のゴミ袋の中に好みの精油を1~2滴落とします。掃除をしながら香りが部屋中に広がると同時に、掃除機の中を殺菌し、排気口から出る臭いを消します。ユーカリやティートリーはダニにも効果的です。
香りを楽しむならラベンダー、イランイランなどの柑橘系がおすすめです。

むくみをとりたい

理想のプロポーションを簡単に手に入れられたら、ダイエット商品はこれほど氾濫しなかったでしょう。
アロマテラピーにおいても残念ながらダイレクトにやせる精油やハーブはありません。まずは、むくみや太った原因を考え、そのうえでアロマテラピーを利用するのがスタンダードな方法です。。むくみが目立つときは運動不足や水分の摂り過ぎが考えられます。また、むくみやすい体質には汗をかきにくく、血行が悪い人が多いようです。
つまり、代謝機能が鈍っていると余分な水分や脂肪を排出しにくくなり、その結果むくみが起こるのです。利尿作用に優れ、老廃物の排出を促すサイプレスやジェニパーベリーの精油を、マッサージや入浴に利用して新陳代謝を促進させましょう。このふたつの精油の香りは食欲をおさえて心を前向きにさせる働きもあるので、暴飲暴食を防いで食欲を自然のリズムに整えてくれます。

おすすめの精油は?

入浴

半身浴では、サイプレス+ジュニパーベリー各2滴を使用します。ぬるめのお湯に精油を入れてみぞおちから下までつかります。
このとき浴槽に入ったり出たりを繰り返す反復入浴法を行うと新陳代謝がより活発になり、汗をたくさんかいて老廃物や余分な水分を排出することができます。

マッサージ

サイプレス4滴+ジュニパーベリー2滴+ホホバオイル30mlを使用します。マッサージオイルを手のひらにとり、リンパの流れに沿って両手で足首からふくらはぎ、太ももに向かってさすり上げます。また、かかとの真ん中にあるツボの刺激は、代謝を促してむくみを緩和します。
二の腕も同じように、手首か小ら肩に向かってさすり上げます。マッサージは、体が温まっている入浴後に行うのが効果的です。

ハーブティー

ハーブは、ジュニパーペり-+レモングラス+ローズヒップス+ リンデンウッドを使用します。
利尿作用のあるジュニパーベリーやローズヒップス、さわやかなレモンの香りで消化を促進するレモングラス、水分の滞留を防ぐリンデンウッドをブレンドしたハーブティーを。継続して飲むことで、からだの中からむくみを解消できます。

頑固なむくみにおすすめ!

イサゴール」は、「サット イサゴール」は、インド原産ののオオバコ科植物、プランタゴオバタの種子のハルクを加工し粉状にした、植物性の食物繊維食品です。添加物や保存料は一切使用せずに加工し、無味無臭です。水分を含むと約30倍に膨れゼラチン状になります。 こうした健康食品を利用し、毎日の生活では、体の余分な水分や老廃物の排出を促進する精油などを使うとより効果的です。

生理不順

生理痛も女性にとっては大きな悩みですが、生理不順も困ってしまいます。生理の周期は始まった日から数えて25~35日後に次の生理が始まるのが基本です。周期が多少ずれても間隔が一定していれば心配はいりませんが、無排卵のケースもあるので基礎体温を測って排卵の有無を確認し、異常が疑われたら早めに婦人科を受診しましょう。
生理不順は、イライラしたり、不眠、冷え、のぼせ、腰痛などの症状が現れます。生活において精神的な不安やストレスをためないことも大切なポイントです。

おすすめの精油

入浴

全身浴は、クラリセージ+ラベンダー各2滴を使用します。38~40度のぬるめのお湯に精油を入れて、手でよくかき混ぜます。ゆっくりと全身をつかってリラックスしましょう。就重前に入れば心身をリラックスさせてストレスによる疲れや不眠症なども同時に緩和します。イライラするときには特に就寝前の入浴は効果的です。

温湿布

ローマンカモミール1滴を使用します。洗面器に熱湯を入れて精油を落とした中にタオルを浸してよく絞ります。
タオルを下腹部に当てます。痛みがあるときにも効果的です。タオルが冷めてきたら、もう一度熱いタオルを作ります。

マッサージ

クラリセージ3滴+ラベンダー3滴+スウィートアーモンドオイル30mlを使用します。痛みがあるときはマッサージがおすすめです。スウィートアーモンドオイルに精油を加えてよく混ぜマッサージオイルを作ります。背中底部から腰、腹部をやさしくマッサージします。

生理痛

生理に伴うお腹の痛みや不快感は、女性にしかわからない特有の症状であり悩みです。病気ではないのですが、気分も沈みがちでストレスもたまります。予定日の3~4日前から情緒が不安定になったり、外出できないほど辛い症状の人も少なくありません。
大切だけどわずらわしい生理を気分よく迎えるには、なによりも規則正しい食生活を心掛けることが大切です。脂肪分やカフェインなどの刺激物を減らし、ビタミンやミネラルが豊富な食品を摂るようにします。
また日頃からジャーマンカモミールティーを飲んだり、腹部のマッサージを行うと、痛みが軽減されます。
予定日の1週間前からラベンダーの精油で温湿布を行うのも効果的です。クラリセージやマージョラムなどの精油は、ホルモンのバランスを整えて、気分を高揚させたり、子宮を強化するといった女性特有の分野にも力を発揮します。

おすすめの精油

温湿布

ラベンダー1~2滴を使用します。熱いお湯に精油を入れます。その中にタオルを浸して固く絞り、腰にのせます)。温湿布は血行を改善することで痛みを軽減してくれます。ラベンダーの香りがリラックス効果もプラスします。

マッサージ

マッサージオイルを作ります。オイルを手のひらに取り、腹部を下に向かってさするようにマッサージします。マッサージは生理が始まる1週間前から行いましょう。また、内くるぶしの6cmほど上にある女性ホルモンに関係するツボの指圧や、背中から腰にかけてのマッサージもおすすめです。

ハーブティー

ハーブは、ジャーマンカモミールを使います。ジャーマンカモミールには精神をリラックスさせてホルモンの分泌を調整し、痛みやけいれんを鎮める効果があるので、日頃からこのハーブティーを飲んでいると生理痛が緩和されます。

効果がなかなか感じられない時

紹介している精油を使ったり、マッサージなどを行っても効き目を実感できないときには漢方薬などが効果的な場合があります。女性の半数が経験する月経前症候群には漢方薬で対処するといいでしょう。こちらに詳しく書かれています。

頭皮のふけ、かゆみ

フケも抜け毛も頭皮の皮脂や水分のバランスが崩れて起こります。汚れが原因でしょうじる場合もありますが、洗いすぎが原因でもふけ、かゆみは生じます。また、圧倒的に多い原因としてシャンプーの洗い流しが足りない場合です。念入りに洗います。

特に乾燥しやすい頭皮の場合は、お湯の温度が熱すぎないよう注意します。あと洗い終わった後にごしごしこするのもNGです。優しく水分をふきとるようにします。
マッサージで血行を促し、栄養を与えて頭皮を健康にしましょう。フケ防止用の手作りリンスの材料に使うローズマリーは肌への刺激が強いので、精油をラベンダーに替えたリンスと1週間おきに交互に使います。ストレスが原因で起こる抜け毛はについては、「ストレス」解消のための精油を使用します。

おすすめの精油

リンス

フケには、ローズマリー 2滴+アップルビネガー5ml。抜け毛には、イランイラン+ローズマリ-各1滴を使用します。
フケ用はビネガーに精油を加えてよく混ぜます。これをお湯を入れた洗面器に加えて、頭皮を中心に髪全体になじませます。洗い流す必要はありません。抜け毛用はお湯を入れた洗面器に精油を入れて作ります。その中で髪と頭皮をすすぎ、水気を拭き取ります。洗い流す必要はありません。

マッサージ

フケには、ロ-ズマリー6滴+ホホバオイル30ml。または、ティートリー4滴+ベルガモット2滴+小麦胚芽油2ml+ホホバオイル28mlを使用します。マッサージオイルを作ります。親指を除いた4本の指のはらで、額から後頭部に向かって頭皮をもむようにマッサージします。

髪がぱさぱさしてうるおいがない

髪の毛にツヤがなくまとまらないと悩んでいる女性は若い人にも多く見られます。栄養の偏りやストレスがたまると、髪はツヤをなくしパサパサしてきます。肌同様、髪もさまざまなお手入れのための商品があふれていますが、トラブルを根本から改善してくれるものは、なかなか見つかりません。
精油は頭皮から髪を保護する皮脂線に働きかけて、皮脂のバランスを整えます。手作りのヘアパックやリンスで栄養を補給して、髪の自然なツヤを取り戻しましょう。

おすすめの精油

リンス

イランイラン2滴を使用。お湯を入れた洗面器などに精油を落としてよく混ぜます。これを髪全体によくなじませます。洗い流す必要はありません。タオルで水気を拭き取って自然乾燥させます。イランイランには皮脂のバランスを整える作用があり、髪の成長を促進させます。

ヘアパック

イランイラン3滴+ゼラニウム3滴+ ココナッツオイル3mlを使用します。髪に適度な油分を補給するココナッツオイルに精油をよく混ぜて作ります。シャンプー後の濡れた髪と頭皮に、とくに毛先を中心になじませて軽くマッサージをします。
蒸しタオルを巻いて5~10分浸透させます。余分なオイルをタオルで拭き取り、翌朝洗い流します。過1回をのお手入れが目安です。

汗の臭い

他人が自分の汗を不快に思っていたら…と考えると少し落ち込んでしまいます。汗の臭いを感じたら、いつでもシャワーを浴びたり、入浴できるとはかぎりません。制汗とデオドラント効果のある精油の力を利用した手作りローションを、外出前にスプレーしたり携帯して、汗や体臭を予防しましょう。そのはか、ハーブのセージ10gを粉末状にしてコーンスターチ40gに混ぜたものと、ラベンダーの精油1滴をつけた綿棒を一緒にビニール袋に入れて口を閉じて1 日置くと制汗パウダーができます。足につけておくとベタつきや臭いをおさえてくれるでしょう。足はむれやすいので、汗の臭いが気になる部位でもあります。

おすすめの精油

入浴

全身浴は、サイプレス+グレープフルーツ各3滴を使用します。40~43度の熟めのお湯に精油を入れて短時間入浴します。低温長時間の入浴は発汗を促すので注意します。柑橘系の精油を使ったときは、その後~時間以内は紫外線に当たらないように注意します。

ローションスプレー

ユーカリ7滴+レモン2 滴+ベルガモット1滴+ウォッカ5ml 精製水45mlを使用します。制汗作用のあるローションを作ります。お酒のウォッカに精油を加えてガラス棒などでよく混ぜます。これを保存用のスプレーボトルに移します。
精製水を加えてふたを閉め、よく振り混ぜます。脇の下など、汗や臭いが気になるところヘスプレーすることで気になる汗の臭い解消します。

しもやけ

生活環境や食生活の変化で昔ほど耳にしなくなりましたが、子供や水仕事をする人の中にはまだまだ多いのが、しもやけです。春~秋にかけては全く大丈夫でも冬~春にかけては必ずしもやけになってしまう女性が多いのも特徴です。
手足だけでなく耳や鼻にできることもあり、赤く腫れてかゆみを生じます。これはからだの末しょうの血液の巡りの悪さが原因なので、血流を改善することが必要です。
手浴や足浴で温めたり、指でやさしくほぐすと効果的。マッサージには血行を促す小麦胚芽油を使います。

おすすめの精油

手浴・足浴

(ハープ)ジャーマンカモミール10gを使用します。洗面器にハープを入れて熱湯を注ぎます。浸出されるまで5~10分待ち、水を加えて適温に調節します。手首または足のくるぶしまでお湯に約10分浸します。お湯の中で指をやさしくさするとさらに効果的です。

マッサージ

ジュニパーペリー1 2滴+ローズマリー2滴+ラベンダー2滴+小麦胚芽油5ml+スイートアーモンドオイル25mlを使用します。
キャリアオイルと精油でマッサージオイルを作ります。手と足の指1本1本にオイルを塗り、指のつけ根から指先に向かって、親指で円を措きながらやさしくさすります。内くるぶしの6cmほど上にある血行を促すツボを指圧するのも効果的です。
キャ

肌が脂っぽくててかってしまう

皮脂の分泌が盛んな脂っぼい肌は、にきびなどができやすくメイクも崩れやすいのが悩みです。ハーブを使ったフェイシャルスチームやパックで皮脂のバランスを整え、毛穴に老廃物がたまらないようにしましょう。油っぽい揚げ物などの食べ過ぎにも注意します。最近は、「洗いすぎ」による皮脂の過剰分泌が原因になっていることもあるので注意します。
洗いすぎの場合には、「肌の乾燥」の解消を試してみるといいでしょう。
収れん効果のあるラベンダーの浸出液でパッティングしたり精油を使ったローションを冷蔵庫で冷やして使うと毛穴の引き締めに効果的です。

おすすめの精油

フェイシャルスチーム

ハープは、ラベンダー3g+ マリーゴールド2g+ローズ1gを使用。洗面器にハープを入れて熱湯を注ぎ、別の洗面器などでふたをして約5 分間浸出させます。バスタオルをかぶって蒸気を顔にあてて、毛穴に詰まった老廃物を取り除きます。

フェイシャルパック

ゼラニウム1滴+セージ(ハーブをパウダー状にしたもの) 小さじ1+ホホバオイル小さじ1+カオリン大+ 精製水大さじ1を使用します。
乳鉢にカオリンとセージ、精製水を加えて練り合わせます。次にホホバオイルを加えて混ぜ、最後に精油を混ぜます。これを目と口のまわりを避けて顔に塗り、10分放置して乾いたら洗い流します。

ローション

ジュニパーベリー1滴+口- ズマリー1滴+ホホバオイル1ml+ 精製水30mlを使用。ホホバオイルに精油を入れてガラス棒などでよく混ぜます。保存用の遮光ビンに移し、精製水を加えます。ふたをしてよく振り混ぜます。使う前にもう一度よく振り、コットンにたっぶり含ませてパッティングしながらつけます。